ACL初制覇の鹿島、クラブW杯の初戦はグアダラハラ!勝てば準決勝でレアル・マドリーとのリベンジマッチに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月11日

2016年の決勝では、柴崎の2ゴールで一時は逆転

粘り強く戦った鹿島がアウェーでの第2戦を0-0でしのぎ、2戦合計2-0でアジアの頂点に輝いた。(C)Getty Images

画像を見る

 11日に行なわれたAFCチャンピオンズ・リーグ(ACL)の決勝第2戦で、イランのペルセポリスと0-0で引き分けた鹿島が、2戦合計2-0で初のアジアチャンピオンに輝いた。この結果、鹿島は12月12日からUAEで開催されるクラブ・ワールドカップへの出場権を手にした。
 
 クラブ・ワールドカップはすでに組み合わせ抽選を終えており、鹿島は15日の2回戦で北中米カリブ海王者のグアダラハラ(メキシコ)と対戦することが決定。これに勝てば、19日の準決勝でヨーロッパ王者のレアル・マドリー(スペイン)と激突する。
 
 鹿島は開催国枠で出場した2016年の同大会決勝でレアル・マドリーと戦い、柴崎岳(現・ヘタフェ)の2ゴールで一時は逆転に成功するなど好勝負を演じた。最終的に延長にもつれ込んで2-4で敗れたものの、あの健闘を覚えているファンは多いだろう。選手たちにとっても、鮮烈に記憶に残っているはずだ。絶好のリベンジの機会となるだけに、なんとしても2回戦を突破して、レアル・マドリーに挑みたいところだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ