日本最高峰のレジスタ遠藤保仁がイニエスタと対戦!世界的クラッキに抱いた印象は?

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月15日

「多少なりとも危険な存在だと思っていた」

遠藤(写真)は、チームとして、イニエスタのスルーパスを許した先制点の場面を反省。それでも「それ以外は対応できた」と手応えも口にした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]神戸1-2G大阪/9月15日/ノエビアスタジアム神戸
 
 ついに日本屈指のレジスタと、世界的クラッキが相まみえた。
 
 9月15日、ノエビアスタジアムで行なわれたJ1・26節のヴィッセル神戸対ガンバ大阪戦。神戸のアンドレス・イニエスタとG大阪の遠藤保仁がマッチアップした。
 
 遠藤は3-4-1-2システムのボランチ、対してイニエスタは4-3-3のインサイドハーフ。激しく競り合うよりも、スルリと相手のマークを掻い潜ってパスを散らす、お互いのスマートなゲームメイク力が光った。
 
 遠藤はスペインの至宝とも呼ばれるイニエスタとの対戦をどう感じたのか。試合後に、チームとしての対応を振り返った。
 
「そんなに高い位置まで来なかった。低い位置でボールを受けて、という感じでした。ただ多少なりとも危険な存在だとは思っていました。相手の1点目は彼のスルーパスからなので、もう少し厳しくいくべきだったかなと思います。けれど、それ以外はチーム全体として対応できていたとは思います」
 
 遠藤は、先制ゴールを演出された35分の場面を反省した一方で、チームとしてよく守り切れたことを評価。イニエスタを“危険な存在”と警戒して粘り強く対応した結果が、2-1の逆転勝利の一因となった。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ