日本最高峰のレジスタ遠藤保仁がイニエスタと対戦!世界的クラッキに抱いた印象は?

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月15日

「多少なりとも危険な存在だと思っていた」

遠藤(写真)は、チームとして、イニエスタのスルーパスを許した先制点の場面を反省。それでも「それ以外は対応できた」と手応えも口にした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]神戸1-2G大阪/9月15日/ノエビアスタジアム神戸
 
 ついに日本屈指のレジスタと、世界的クラッキが相まみえた。
 
 9月15日、ノエビアスタジアムで行なわれたJ1・26節のヴィッセル神戸対ガンバ大阪戦。神戸のアンドレス・イニエスタとG大阪の遠藤保仁がマッチアップした。
 
 遠藤は3-4-1-2システムのボランチ、対してイニエスタは4-3-3のインサイドハーフ。激しく競り合うよりも、スルリと相手のマークを掻い潜ってパスを散らす、お互いのスマートなゲームメイク力が光った。
 
 遠藤はスペインの至宝とも呼ばれるイニエスタとの対戦をどう感じたのか。試合後に、チームとしての対応を振り返った。
 
「そんなに高い位置まで来なかった。低い位置でボールを受けて、という感じでした。ただ多少なりとも危険な存在だとは思っていました。相手の1点目は彼のスルーパスからなので、もう少し厳しくいくべきだったかなと思います。けれど、それ以外はチーム全体として対応できていたとは思います」
 
 遠藤は、先制ゴールを演出された35分の場面を反省した一方で、チームとしてよく守り切れたことを評価。イニエスタを“危険な存在”と警戒して粘り強く対応した結果が、2-1の逆転勝利の一因となった。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
【関連記事】
イニエスタ、新幹線移動に感動!? グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
イニエスタが絶妙ラストパスで先制弾演出も…神戸はG大阪に逆転負け
【日本代表】森保ジャパンの初陣、コスタリカ戦を彩った美女サポーターたち!
「彼はイニエスタにだってなれる」智将ポチェティーノが太鼓判を押す“未完の大器”
イニエスタとポドルスキも参加! 神戸の橋本和と三田啓貴が「まさかの」バースデーサプライズに感激!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ