いざ、38回目の選手権へ…名伯楽、小嶺忠敏のイズムと真髄(後編)

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年12月25日

座右の銘? 色紙にはいつも“動!”と書いとるよ

平日は140人近いサッカー部員を、ふたりのコーチとともに指導する。その情熱は衰えを知らない。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 確固たる指導イズムがある。自他ともに認めるのは、まったくブレない根幹部分の盤石さだ。

 ダンプ監督の異名をとった30年前とは違い、ややほっそりした体形になった先生に、「座右の銘などはあるんですか?」と尋ねてみた。すると、なんとも深い話が聞けたのである。
 
 かつて週刊サッカーダイジェスト誌で『ジュニア倶楽部』という長期連載を持ち、育成年代のサッカーに精通していたのが、作家の大貫哲義さんだ。筆者も晩年にお世話になった恩人で、2007年に79歳で他界された。小嶺先生とは、先生が島原商で指導を始めた当初から親交があったという。
 
 そして92年に発刊された書籍が『動! 小嶺忠敏のサッカー熱い風』。小嶺監督は当初、この“動!”にいい印象を抱かなかった。自分はせわしなく動く、そういうタイプの人間ではないと。大貫さんに真意を問うと、まるで想像していなかった返答を得た。
 
「大貫さんは、あの高村光太郎さん(作家、歌人、彫刻家etc.)のお弟子さんだったんですね。亡くなる前に病室に呼ばれて、師匠がひとつの彫像を指さしたらしいんです。『おい大貫、その彫刻は動くか?』『動きません』『じゃあ横から、上から、後ろから見てみろ。形は一緒か?』。そう言われて感銘を受けたと。物自体は動かないけれども、自分が動くことによってまるで形は違って見える。コインにしてもそうでしょう。丸く見えるけど、角度によっては長方形に見える。で、大貫さんがこう言うわけだ。『あんたは島原商業の部員13人のところから始めて、自分でバスを運転して遠征した日本第1号の指導者だ。いろんな角度から自分を磨いてきた。だから本を書くなら、タイトルは“動”にすると決めていたんだ』。それを聞いて、思うところがあったね。あれからずっと、色紙にも“動!”と書いてますよ(笑)」
 
 見る角度や接し方を変えることで、子どもたちの良さを存分に引き出す。小嶺先生が無意識のうちに身に付けていた極意を、大貫さんはひとつの文字で端的に表現し切ったのだ。唸るしかないエピソードである。
 
「たまにこう言われるんだよね。『あの小嶺さんの“動!”という言葉はいいですね。やっぱりサッカーは動かなきゃいけないですからね』と。いやいや、違うんだけど、と言っても話が長くなるから、『そうですなー』と答えてる(笑)。そういう意味なんだと、ちゃんと書いといてもらえるかな?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ