魂を揺さぶる言葉がそこにある…名伯楽、小嶺忠敏のイズムと真髄(前編)

カテゴリ:ワールド

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年12月24日

やはりここ(グラウンド)が楽しいというのはあるよね

72歳とは思えない活力が漲る。今年も選手権の檜舞台で、名将が采配を振るう。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 130人強の部員たちがフルコート一面に広がり、一斉にボールを蹴り出すのだ。なんとも壮観な光景で、こちらが到着すると、これまたボウズ頭の全員が直立不動で挨拶をしてくれる。途轍もない既視感。フラッシュバックのように蘇ったのは20年前の記憶で、国見高校で見た眺めとほぼ同じだった。
 
 やがてその人波をかき分けるように、“先生”が登場。場が、ピリっとする。「おお、来たかね。全校生徒の3分の1がサッカー部員なんだ。こんだけたくさんおるけど、スタッフが少ないからね。身体がもたんよ」と自嘲気味に笑う。長崎総合科学大学附属高校サッカー部を率いる、小嶺忠敏監督。72歳になられた。
 
 言わずと知れた高校サッカー界の巨匠だ。島原商、国見を全国屈指の強豪校に鍛え上げ、インターハイ優勝6回、全日本ユース(現・高円宮杯プレミアリーグ)優勝2回、高校選手権6回と、合計14回の全国制覇は戦後最多の大記録である。2007年からは長崎総科大附に籍を置き、大学チームなどを統括的に指導する総監督の立場だったが、昨年春、高校サッカー部の監督に就任した。グラウンドに、現場に、名伯楽が舞い戻ったのである。
 
 情熱家を突き動かしたのは、教え子たちへの愛と長崎高校サッカー界への危機感だった。
 
「本当は僕なんてもう必要ないんだろうけど、居ても立ってもいられなくてね。このままでは長崎の高校サッカーはずっと全国で戦えないレベルのままだという危機感があったし、この子たちをしっかり鍛えなおしたいという想いもありました。風紀の乱れというか、普段の生活に目に余るところがあってね。この歳になって、一緒に寮生活をするようになりましたよ。1年のつもりで復帰したけど、2年目になった。やはりここ(グラウンド)が楽しいというのはあるよね」
 
 最初に気づいたのは、生徒たちの服装の乱れだった。そこから突き詰めていくと、やはりさまざまな面での緩みが散見したという。ぐいぐいとチームの中に入り込んでいく名将。3年生で主将の田中純平は、あっという間に空気が変わったと振り返る。
 
「総監督から監督になってからは、関わり方がガラっと変わったというか、距離が近くなったのと同時にすごい緊張感が生まれました。僕たちとは孫くらい歳が離れてるんですけど、いつも監督からコミュニケーションを取ってくれる。冗談とかも交えながらです。だから僕たちも理解しようと努力する。いいチームになったなって本当にそう思いますから。個人ではなく組織で戦うことの大切さを、ピッチの中でも外でも徹底して教え込まれてます」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ