マニュアルがあるからバルサは強い!育成のキーマンが明かす日本と欧州の決定的な”違い”【浜田満×岩政大樹#1】

カテゴリ:連載・コラム

岩政大樹

2017年12月25日

成長を促すためにメンタルトレーナーによるケアも実施。

浜田氏が手掛ける子どもたちへのサポートは多岐に渡る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

岩政 子どもたちにフォーカスしているわけですね。具体的な内容は?
 
浜田 深いレベルまで落とし込むために、全国のトップレベルの選手だけを集め、サッカーサービス社のスペイン人コーチの元、練習をしています。また、姿勢や重心移動、蹴り方などを中西哲生さんに見て頂いたり、古武術の動きが面白いなと思ったので、今度選手と引き合わせようと考えているところです。その他にも、栄養管理や、五輪選手のメンタルトレーナーをしている柘植陽一郎さんにお願いして、子どもたちの悩みを解決したりしています。
 
岩政 いろいろやられていますね。
 
浜田 そうですね。プロになった後にプレーや習慣を変えるのは難しいですが、小さい頃から少しずつ積み重ねていけば、トップレベルに近づける確率は高まります。今は我々が関わった選手が、どれだけ代表選手やトップレベルの選手になれるかを試しているところです。
 
岩政 子どもたちの反応はどうですか?
 
浜田 いろいろとあって面白いですよ。例えば、メンタル面。選手には必ず好不調の波があるんですが、子どもたちは一直線に成長するものだと思っているので、壁にぶつかると悩んで止まるんです。でも、その時に抱えている問題は、選手によって違います。チームメイトとうまくいっていないとか、監督と考えが合わないとか、テストの成績が悪いのを両親に隠していて気になるとか。(笑)
 
 でも、そういった悩みはなかなか日常では顕在化してこないので、メンタルトレーナーに来てもらい、悩みを引き出し、自分で解決できる可能性がある心配事と自分では絶対に解決できないことに分けて整理するんです。県選抜に入っているU-12の女子選手が「敵にイケメンが気になる」と悩んでいたこともありました(笑)。なんでもいいんです、少しでも気になることを引き出す。そういう悩みを引き出してあげると、子どもたちの気持ちが軽くなってサッカーに取り組めるようになります。
 
岩政 育成にフォーカスしようと思われたのはいつ頃でしたか?
 
浜田 一昨年くらいです。
 
岩政 そこに至った経緯は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ