マニュアルがあるからバルサは強い!育成のキーマンが明かす日本と欧州の決定的な”違い”【浜田満×岩政大樹#1】

カテゴリ:連載・コラム

岩政大樹

2017年12月25日

選手育成に力を注ぎ、国際大会やバルセロナの指導者によるスクールも開催。

日本の育成やバルサの強さの秘訣などについての話は尽きず、濃密な対談となった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サッカーの未来について考える。語る。
 対談連載の第6回は、浜田満さんにお話を伺いました。

 浜田さんと初めてお会いしたのは、私があるスペイン人コーチの方にプレーの分析を依頼していた頃でした。そのお手伝いをしていただいている中で知り合い、それ以来、いろんなところでお名前を聞くようになり、本も読ませていただきました。
 
 サッカー界には、世の中には、「面白いな」と感じさせてくださる方がたくさんいらっしゃいます。浜田さんも、もちろんそのひとりで、新たな日々を始めた今こそ、浜田さんの活動やこれからの展望を伺っておかなくては、と思い立ち、対談をオファーさせていただきました。
 
 私には「サッカーの本場でプレー(生活、仕事)したことがない」ということがひとつのコンプレックスに似たものとして存在しています。私がサッカーを通して見てきたこと、感じてきたことはたくさんありますが、それでもそんなものは世界の中ではほんの一部に過ぎず、長い歴史をもつサッカーにおいては、なおさら一部分でしかないのだろう、と思っています。
 
 だから、サッカーを通して僕が見たことのない景色を知っている方の話に耳を傾けていかなくてはならない、という危機感が常にあります。
 
 浜田さんは、FCバルセロナの日本におけるソシオの立ち上げに尽力され、そこから足を止めることなく新たなチャレンジを繰り出されています。それによって可能性が広がった子どもが何人いたでしょうか。
 
 既存のものを疑い、サッカー界に必要だと思ったら先を見てどんどん動いていく。そのインテンシティは、日本サッカーを動かし始めています。
 
「サッカーの未来について考える、語る」
 ぴったりな方との濃密な対談となりました。

 
     ◆    ◆    ◆
 
岩政大樹 浜田さんとお会いしたのは10年前くらいでしたか?
 
浜田満 最初に会ったのは、2011年か12年だったと思います。鹿島のホテルでしたね。
 
岩政 そうでした。今日はよろしくお願いします。まずは、今の主な仕事内容から教えてください。
 
浜田 日本全国で良い選手を見つけて、トップレベルの選手になるまでサポートしています。岩政さんもやられていたプレーコンサルティングなどの提供もそうですし、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジという国際大会やバルセロナの指導者によるスクールなども開催しています。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ