【Jリーグ勢力図】都道府県別 選手数ランキング|“王国”静岡は6位、最多6クラブを抱える神奈川、育成年代も強い大阪、埼玉、千葉は何位?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月12日

岡山、沖縄は、J1勢は日本代表クラスの1人のみ。J2、J3に人材を供給。

青山敏弘を輩出した岡山は、作陽高など名門校があるもののJ1リーガーは意外にも青山ただひとり。ただJ2には11人の選手がおり、今後はJ1の数も増えそうだ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 30位~21位からは、J1からJ3トータルで二桁のJリーガーを輩出しているが、地域ごとにディビジョンにバラつきが見られる。岡山、沖縄は、それぞれ青山敏弘、田口泰士と日本代表歴のある選手を抱えるが、彼ら以外はJ2、J3の選手たちになる。ファジアーノ岡山(J2)、FC琉球(J3)といった地元クラブへの加入が大きいようだ。
 
30位:山梨 11
(J1:4人、J2:3人、J3:4人)
主な出身者:柏好文(広島)、石原克哉(甲府)
地元Jクラブ:ヴァンフォーレ甲府(1人)
 
29位:山口 12
(J1:2人、J2:6人、J3:4人)
主な出身者:原川力(川崎)、田中達也(新潟)
地元Jクラブ:レノファ山口FC(0人)
 
28位:愛媛 13
(J1:5人、J2:6人、J3:2人)
主な出身者:川又堅碁(名古屋)、鎌田大地(鳥栖)
地元Jクラブ:愛媛FC(2人)
 
25位:岐阜 14
(J1:3人、J2:7人、J3:4人)
主な出身者:杉本太郎(鹿島)、荻晃太(名古屋)
地元Jクラブ:FC岐阜(2人)
 
25位:新潟 14
(J1:7人、J2:4人、J3:3人)
主な出身者:大野和成、酒井宣福(新潟)
地元Jクラブ:アルビレックス新潟(5人)
 
25位:宮城 14
(J1:5人、J2:6人、J3:3人)
主な出身者:今野泰幸(G大阪)、遠藤康(鹿島)
地元Jクラブ:ベガルタ仙台(1人)
 
22位:岡山 15
(J1:1人、J2:11人、J3:3人)
主な出身者:青山敏弘(広島)、難波宏明(岐阜)
地元Jクラブ:ファジアーノ岡山(5人)
 
22位:沖縄 15
(J1:1人、J2:7人、J3:7人)
主な出身者:田口泰士(名古屋)、赤嶺真吾(岡山)
地元Jクラブ:FC琉球(5人)
 
22位:奈良 15
(J1:6人、J2:7人、J3:2人)
主な出身者:楢崎正剛(名古屋)、阿部浩之(G大阪)
 
※クラブ名の右のカッコ内数字は、地元出身選手の数
 
【関連記事】
【浦和】坪井慶介、阿部勇樹、そして“あの人”…。遠藤航が加入記者会見の場で語った「影響を受けた」名手たち
【J1】リオ五輪世代の23歳以下限定 2016年ブレイク候補10選
【J1】2016年シーズンの主役に名乗り! 期待のニューフェイス11選
【横浜】中村俊輔が自らに課す『10G・10A』。ノルマへの“最適解”はいまだ見つからず?
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ