【浦和】坪井慶介、阿部勇樹、そして“あの人”…。遠藤航が加入記者会見の場で語った「影響を受けた」名手たち

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年02月07日

「湘南ではずっと3バックの右(右ストッパー)でプレーしてきたので、そこで勝負したい。ただ……」

U-23日本代表として戦ったリオ五輪予選から1週間、遠藤航が浦和での新たなスタートを切った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 湘南から浦和に移籍した遠藤航の加入記者会見が2月7日、埼玉スタジアムで行なわれた。先日のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権で優勝を果たしたU-23日本代表のキャプテンでもある遠藤が、新天地での抱負を語るとともに、背番号6のユニホーム姿を披露した。
 
 冒頭で浦和の山道守彦強化本部長が、遠藤獲得の狙いについて次のように語った。
 
「昨シーズンは年間勝点72を獲得しても、リーグ優勝できなかった。また、ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)もノックアウトステージ(決勝トーナメント)に進めなかった。ペトロヴィッチ監督と話し合うなか、昨年をすべて上回りたいという考えのもと、遠藤選手に来てもらえることになった。私たちの成就すべき目標に向かって、一緒に歩んでいきたい」
 
 続いて遠藤が力強く“決意”の言葉を述べる。
 
「今、このジャージの下にユニホームを着ているが、ようやく浦和レッズの一員になれたと実感している。タイトルを獲れなかった悔しさや歴史を感じながら、しっかり戦っていきたい」
 
 今後、注目されるのが、浦和でのポジションだろう。
 
 湘南では右ストッパーとして5年間レギュラーを務め、昨年は日本代表デビューを果たした(国際Aマッチ5試合・0得点)。また、レギュラーのアンドレ・バイアが欠場した際には、3バックの真ん中であるリベロとしてもプレーし、鹿島、新潟戦の連勝に貢献。そしてU-23日本代表では、不動のボランチとして中盤の壁を築いて活躍してきた。記者からポジションについて問われた遠藤はこう答えている。
 
「湘南ではずっと3バックの右(右ストッパー)でプレーしてきたので、そこで勝負したい。ただ、真ん中(リベロ)でも勝負したいと思う。U-23代表でプレーしてきたボランチでもやりたい。僕はポジションへのこだわりはなく、与えられたところでやりたいと思っている」
 
 そのように、基本的には守備のユーティリティ性を武器に、チーム状況によってどのポジションでも対応していく考えを示した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ