【J1】2016年シーズンの主役に名乗り! 期待のニューフェイス11選

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月07日

世代別代表で10番を背負ったブラジル人が、宇佐美と絶妙なハーモニーを奏でる。

アデミウソン(横浜→G大阪/FW)
1994年1月9日(22歳)/176センチ・74キロ
昨季成績/33試合・8得点 写真:滝川敏之

画像を見る

遠藤 航(湘南→浦和/MF)
1993年2月9日(22歳)/178センチ・75キロ
昨季成績/31試合・4得点 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 新シーズンの成績を左右するのは、やはり新加入選手の出来だろう。ステップアップを狙って新天地を求めた日本代表やJリーグ初挑戦の外国籍選手人たち――。ここでは2016年の主役になりそうな11人のニューフェイスを紹介する。

――◆――◆――◆――

●アデミウソン(横浜→G大阪/FW)
 古巣・横浜への未練を残しながらも期限付きで新天地へ。ブラジルの世代別代表で10番を背負っただけあり、技術は申し分ない。4-2-3-1の右MFや2トップの一角として、日本代表の宇佐美と絶妙なハーモニーを奏でてくれそうだ。
 
 ●遠藤 航(湘南→浦和/MF)
 ペトロヴィッチ監督は、リオ五輪代表キャプテンのボランチ起用を示唆。とはいえ、ポジション争いのライバルには10番を背負う柏木がおり、一筋縄ではいかないだろう。指揮官は本職のストッパー起用も考えているようで、8日の合流後に複数のポジションでテストされそうだ。
 
 ●ピーター・ウタカ(清水→広島/FW)
 現J1王者からのオファーに即答。「自分は広島で通用すると思う」と自信を覗かせ、森保監督も「化学反応に期待している」と話す。昨季チーム得点王&ベストイレブンのドウグラス放出の穴を、どこまで埋められるか見ものだ。
 
 ●永木亮太(湘南→鹿島/MF)
 2年連続のオファーで獲得した、クラブが大きな期待を寄せるボックス・トゥ・ボックスの申し子。強烈なミドルや無尽蔵のスタミナは大きな武器だ。小笠原、柴崎の牙城を崩し、レギュラーを勝ち取れるか。
 

ピーター・ウタカ(清水→広島/FW)
1984年2月12日(31歳)/177センチ・79キロ
昨季成績/28試合・9得点 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

永木亮太(湘南→鹿島/MF)
1988年6月4日(27歳)/173センチ・72キロ
昨季成績/32試合・3得点 写真:徳原隆元

画像を見る

【関連記事】
【J1】リオ五輪世代の23歳以下限定 2016年ブレイク候補10選
【J1・J2プレシーズン情報2016】千葉×江戸川大など|練習試合、PSMの日程・結果を総まとめ[2/18更新]
【柏】浦和相手に強度の増したアタッキングスタイルが炸裂! メンデス流に選手も手応え
【鹿島】植田直通から溢れ出る自信。アジア制覇がもたらした昨季とは段違いの安定感
【浦和】ベストはどこか? ボランチ、ストッパー、リベロ…U-23日本代表主将・遠藤航の活用3パターンを徹底検証する

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ