【セリエA|冬のマーケット総まとめ】主役を演じたのはローマ。スクデットを争うユーベとナポリは地味な動きだった

カテゴリ:ワールド

片野道郎

2016年02月05日

低迷するジェノバ勢はともにエースを放出し…。

ミランでは安定感を欠き、ジェノアに移籍したチェルチ。退団したペロッティ、ギャクペの後釜として期待される。(C)Getty Images

画像を見る

 一方、1月はともに5戦5勝で、スクデット争いから頭ひとつ抜け出したユベントス、ナポリの2強の動きは落ち着いたもの。
 
 ユーベは、将来に向けて着実な投資をした。ロランド・マンドラゴーラ(ペスカーラ)というセリエBで活躍する18歳のイタリア人MFの保有権を獲得したのだ(レンタルで今シーズン末までペスカーラでプレー)。さらに、サッスオーロが保有権を確保した20歳のMFステーファノ・センシ(チェゼーナ)についても、サッスオーロとユーベは良好な関係にあり、将来的にはユーベ入りするのではないかと見られている。
 
  ナポリもアタランタから売り出し中のイタリアU-21代表MFアルベルト・グラッシを引き抜いた。ただし、最終ラインの補強に関しては、ニコラ・マクシモビッチ(トリノ)、フェデリコ・バルバ(エンポリ→シュツットガルト)というターゲットを取り逃し、ヴァスコ・レジーニ(サンプドリア)というサードチョイスで手を打っている。
 
 中位クラブの中では、順位よりも選手の売買で利益を出すことに優先順位を置く傾向が強いジェノバ勢(ジェノア、サンプドリア)が、例によって出入りの激しいメルカートを送った。
 
 ジェノアはペロッティ、サンプドリアはエデルと、チーム最強のアタッカーを放出。懐は潤ったとはいえ、前者はアレッシオ・チェルチ(←ミラン)、後者はファビオ・クアリアレッラ(←トリノ)でその穴の何割を埋め合わせできるかは疑問だ。
 
 ともに残留ラインぎりぎりの16位タイに低迷しているだけに、ひとつ間違えば降格の危機に瀕する可能性もある。
 
文:片野道郎
 
【著者プロフィール】
片野道郎/1962年生まれ、仙台市出身。95年からイタリア北部のアレッサンドリアに在住し、翻訳家兼ジャーナリストとして精力的に活動中。カルチョを文化として捉え、その営みを巡ってのフィールドワークを継続発展させる。『ワールドサッカーダイジェスト』では、現役監督のロベルト・ロッシ氏とのコラボによる戦術解説や選手分析が好評を博している。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ