【バルサ番記者】動きなしだった冬の移籍市場。それでも世界王者は効果的な“補強”を実現した

カテゴリ:メガクラブ

ルイス・フェルナンド・ロホ

2016年02月03日

複数のポジションに適応できるユーティリティー性がアルダの最大の長所。

1月に正式にバルサの一員となったアルダ(左)とA・ビダル(右)。主力に疲れが見え始めるシーズン終盤、彼らの重要性がわかるはずだ。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナはようやく補強解禁となった今冬の移籍市場で、結局動かなかった。話題になったノリート(セルタ)もデニス・スアレス(ビジャレアル)もやってこなかった。
 
 それには理由がある。すでにふたりの選手が1月からチームに加わっていたからだ。アルダ・トゥランとアレイクス・ビダル。彼らは昨夏にバルサに入団はしていたが、FIFAの制裁により選手登録ができなかった。つまり、この冬の新加入選手と扱い的には同じなのだ。
 
 とりわけ、アルダの加入は大きかった。
 
 中盤より前の複数のポジションで、ハイレベルにプレーできるアルダの獲得は、ルイス・エンリケ監督直々の依頼だった。昨夏、指揮官はアルダこそがバルサに必要な選手だと判断し、獲得をクラブの上層部に求めたのである。
 
 アンドレス・イニエスタの定位置である左のインテリオールをカバーできるMF。指揮官はこの大役をこなせるのはアルダしかいないと考えた。昨シーズン、イニエスタは好不調にやや波があり、ケガにも悩まされた。そこでL・エンリケ監督は、このポジションに将来を見据えた補強が必要だと考えたわけだ。
 
 そのうえアルダなら、バルサでイバン・ラキティッチが務める右インテリオール、アトレティコ・マドリー時代にプレーしていた左右のウイング、つまりリオネル・メッシやネイマールのポジションにも対応が可能だ。
 
 高度な足元の技術、キープ力、パスセンスだけでなく、複数のポジションに適応できるこのユーティリティー性は、アルダの最大の長所と言ってもいい。実際彼は1月だけで6試合に出場したが、そのなかで4つのポジションでプレーしている。もっとも多かったのは、右インテリオールで(3試合)、左インテリオールは1試合。さらに、アスレティック・ビルバオ戦(リーガ20節)ではケガのメッシに代わって後半の頭から右ウイングとしてプレーし、エスパニョールとのコパ・デル・レイ(5回戦第2レグ)ではネイマールの持ち場である左ウイングをさらりとこなした。
 
 このポリバレントな能力は、チャンピオンズ・リーグが再開し、選手を休ませる必要が出てくる終盤戦に非常に大きなプラスとなるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ