【プレミアリーグ|冬のマーケット総まとめ】発展著しいストークが再び大金投下。一方でビッグクラブは「静か」だった

カテゴリ:連載・コラム

山中忍

2016年02月04日

ビッグクラブは目立たず。不振のチェルシーも動きは鈍く…。

今冬の最高額となる1830万ポンドでストークが獲得したフランス代表MFのインブラ(右)。“ヴィエラ2世”と謳われる23歳の逸材だ。

画像を見る

【全20チームの刷新規模】
大:ノーリッジ
中:ボーンマス、ニューカッスル、サンダーランド、ワトフォード
小:チェルシー、クリスタル・パレス、エバートン、レスター、リバプール、サウサンプトン、ストーク、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、ウェストハム
極小:アーセナル、アストン・ビラ、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、スウォンジー、トッテナム
 
 プレミアリーグの20クラブが投じた移籍金の総額は、過去5年間の冬のマーケットで最高の1億7500万ポンド(約297億5000万円)。昨夏と合わせたシーズンの合計は10億ポンド(約1700億円)を突破した。しかしながら実際には、そうした事実とは裏腹に冬のマーケットは静かなうちに幕を閉じた印象が強い。

【2016年欧州冬のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ
 
 移籍金の最高額は、ストークがフランス代表MFジアネリ・インブラ(ポルトから)の獲得に投じた1830万ポンド(約31億1000万円)。たしかにクラブ史上最高額であり、ステベン・エヌゾンジを昨夏に放出(セビージャへ)して生じた中盤中央の穴を長期的に埋める賢い補強と言えるだろう。ただ、イングランド国内での知名度は低く、インパクトは小さかった。
 
 予想に反して静かだったのが、いわゆるビッグクラブ。大型予算と積極補強が見込まれながら、戦力外だったビクトール・バルデスら一部メンバーの放出に留まったマンチェスター・Uが、その象徴だろう。
 
 実質的な補強は、アーセナルが中盤にモハメド・エルネニー(バーゼルから)を加えた程度。13位で1月を終えたチェルシーは、ラミレスの売却で江蘇蘇寧(中国)から2100万ポンド(約35億7000万円)の利益を得たが、肝心の補強はFWアレッシャンドレ・パットをコリンチャンスから半年のレンタルで獲得する「賭け」に留まった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ