【来日記念】バルサの「A to Z」~基本情報からトリビアまでを総まとめ~

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年12月15日

【F~J】選手としても監督しても変革をもたらしたクライフ。

現在まで受け継がれる「美しいバルサ」の創造主。愛弟子グアルディオラは「すべてはクライフから始まった」と評する。(C)Getty Images

画像を見る

F
FIGO(フィーゴ)
 2000年夏、当時のバルサ屈指のスター選手だったルイス・フィーゴは、「俺は誓ってどこにも行かない」と明言しながら、その2日後にマドリーに鞍替え。移籍直後のクラシコでは、CKを蹴ろうとしたフィーゴにビンやペットボトル、さらに豚の頭などが投げ込まれる大暴動となった。バルサからマドリーに移籍した選手は17人を数えるが(他クラブを経由した選手を含めると計21人)、いまでも「ユダ(裏切り者)」、「ペセテーロ(守銭奴)」と呼ばれるフィーゴほど、バルセロニスタに恨み嫌われている選手はいない。
 
G
GAMPER(ガンペール)
 スイス人のジョアン・ガンペール(カタルーニャ語名。母国語名はハンス・ガンパー)は、バルサの創始者。1899年10月22日、『ロス・デポルテス』紙に選手募集を掲載し、同年11月29日にバルサを創設した。その9日後の12月8日には、バルセロナ在英国人チームと初試合を戦っている(0-1で敗戦)。当初は選手、晩年は会長としてバルサの発展に尽力し、1930年に52歳で永眠。ソシオの「会員ナンバー1」が贈られた。66年から夏のプレシーズンに「ガンペール杯」が開催され(96年まではバルサを含む4チーム参加のトーナメント戦、97年からはバルサ対招待チームの1試合)、06年6月に開場したトレーニングセンターにもその名が冠されている。
 
H
HIMUNO(イムノ)
 本拠地カンプ・ノウでの選手入場時に、高らかに鳴り響くのが「イムノ」(スペイン語で「応援歌」、「聖歌」の意味)。現在の『カント・デル・バルサ(バルサ賛歌)』は、クラブ史上4代目のイムノで、クラブ創設75周年記念して1974年に制作された。「私たちは知っている  一つの旗が私たちを団結させることを」などクラブ精神を体現した歌詞、リズムカルなメロディー、そして最後の『バルサ!! バルサ!! バールサ!!』という掛け声など、一度聴いたら忘れられない印象的な一曲だ。
 
I
IDIOMA BARCA(イディオマ・バルサ)
 スペイン語で直訳すると「バルサの言語」だが、「バルサ・スタイル」とも言い換えられるだろう。独自のサッカーを志向するバルサでは、カンテラで学ぶ一貫したプレーモデルが大きな肝。とくにグアルディオラ監督時代(08~12年)はそれが顕著で、ティエリ・アンリやズラタン・イブラヒモビッチ(現パリSG)、アレクシス・サンチェス(現アーセナル)などワールドクラスが順応に苦労して力を出し切れなかった一方で、カンテラから昇格したセルヒオ・ブスケッツやペドロ・ロドリゲス(現チェルシー)、“出戻り”のジェラール・ピケやセスク・ファブレガス(現チェルシー)らは瞬く間に順応し、主力として活躍した。
 
J
JOHAN(ヨハン)
 クラブ史上屈指のレジェンドが、ヨハン・クライフだ。1973~79年に選手として、89~95年に監督して数多くのタイトルに貢献。アヤックスに習ったラ・マシア創設を提唱したのも、このオランダ人だった。95年に健康上の理由から第一線を退いた後も、非公式ながらバルサのアドバイザー的な立場におり、ジョアン・ラポルタの会長時代は、フランク・ライカールトとグアルディオラの監督就任を後押した。2010年4月にバルサの名誉会長に就任したが、敵対するサンドロ・ロセイの会長就任によりわずか3か月でそれを返上。その後もバルサのご意見番として人気を集めるが、現在は肺癌を患い闘病生活を送っている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ