【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の四十四「Jリーグが隆盛を迎えるには?」

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2015年11月12日

欧州のトップリーグとの差は約10分間。アクチュアルプレーイングタイムの時間差は是正する必要がある。

試合のテンポを上げるには、審判だけでなく、クラブ、選手が意識を変えていく必要もあるだろう。(C)SOCEER DIGEST

画像を見る

 欧州のトップリーグでは平均アクチャルプレーイングタイムが60分間台だが、Jリーグは50分間前半(わずか46分間という試合もあるのは驚きである)。10分間もの時間差は是正する必要があるだろう。これは国際大会で日本代表が終盤に体力が尽きることと因果関係がないとは言えない。技術的問題でパスがつながらず、プレーがアウトになる、という点も考えられるが、プレー再開にかける時間が長すぎる。
 
 無論、今あるテンポはJリーグのテンポであって、すべてが悪ではない。
 しかしアジアの舞台でも、アップテンポに押し込まれ、リズムを取れなくなる、間合いが乱れる、という傾向は直視すべきだ。トップレベルのフットボールは攻守一体。流れが途切れない。これを徹底するには審判だけでなく、クラブ、選手が意識を変えていく必要もあるだろう。
 
 試合の濃度を高めるには、アクチャルプレーイングタイムを増やしていく努力が欠かせない。
 もし、選手がスローすぎる間合いに固執するなら、それはルールによって修正を施すのも一案だが、規制はスポーツの自由を阻害する可能性もあり、「できるだけ長くボールプレーをしたい」という選手の"性善説"に頼るしかない部分もある。
 
 ひとつ断言できるのは、どかんと蹴るだけのゴールキックをゆったりGKがセットする姿にスペクタクルは感じないということだ。味方を落ち着けたい、という気持ちは分からないではないが、それにしても、あまりにその機会が多すぎて日常化してしまっている。
 
 そのうえで、チームのリズムを立て直す、あるいはリードして時間稼ぎをする、というプレータクティクスを高めていく、というのは別の話である。
 
 
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。01年にバルセロナへ渡りライターに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写。近著に『おれは最後に笑う』(東邦出版)。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ