【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の四十四「Jリーグが隆盛を迎えるには?」

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2015年11月12日

ひとつのヒントは、ゲームのテンポだ。

G大阪はACLでベスト4と健闘したが、浦和や鹿島はグループリーグ敗退。アジアの盟主としての風格は失ったままか。(C)Getty Images

画像を見る

 2015年シーズンのJリーグが幕を閉じつつある。
 
 リーグ全体のレベルは向上しているのか? 現状を再検証するのに悪くない時期だろう。
 
 アジア・チャンピオンズリーグでは柏がベスト8に進み、G大阪がベスト4と健闘した。どちらも広州恒大に敗れる形だったが、マネーパワーで強化を進める中国勢や執念を燃やす韓国勢と開きつつあった差は、いくらか埋まったように映った。もっとも、浦和、鹿島はグループリーグで敗れ去っており、(クラブレベルで)アジアの盟主としての風格は失ったままか。
 
 Jリーグから世界に飛躍する選手も、そのクオリティを測る標準になるだろう。今季は出戻り選手のほうが多く、その点は不安を残した。夏の移籍に至っては、FC東京からマインツに移籍した武藤嘉紀だけ。日本人Jリーガーのレベルアップを考えると、この停滞は気になる。とは言え、ブラジル・ワールドカップでの日本代表の惨敗が尾を引いて市場価値が下がっただけとも言える。
 
 では、どうすればJリーグは隆盛を迎えられるのか?
 明確な答えはない。おそらくは、ディテールを突き詰めるしかないのだろう。
 
 ヒントのひとつとして、ゲームのテンポはある。
 Jリーグは昨今、アクチャルプレーイングタイムを増やす努力をしている。プレーがアウトになったり、ファウルで試合が止まった時、できるだけ早い再開を促すようになった。
 
 具体的にはFK、CK、ゴールキック、スローインなどの迅速化である。また、アドバンテージをとってプレーを流し、実際のプレータイムを増やし、怪我して倒れた選手もできるだけ早く起き上がるか、担架でピッチ外に出す。
 
 具体的にこれに着手しているのは、試合を裁く審判である。
 これによってプレー時間は増えたが、まだまだ足りない。ここぞという場面の敵陣でのFKならいざしらず、もっとスピードアップを促すべきだろう。ゴールキックでプレーアウトから30秒以上かかるなど遅すぎる。スローインもプレーの裂け目になっており、冗長さを感じる。CKにしても、蹴るまでの時間がゆったりとしすぎており、白けさせかねない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ