【シンガポール戦プレビュー/予想布陣付き】キーマンは上り調子の武藤か。展開力に長けた柏木の抜擢も有り得る

カテゴリ:日本代表

増山直樹(サッカーダイジェスト)

2015年11月12日

選手が多少疲れていようとも、先制さえすれば後は楽になる。

CFは勢いのある武藤が岡崎に肉薄している。ボランチはパスセンスに長けた柏木、左ウイングには清武が入る可能性も。

画像を見る

 シンガポールの中心街にある高級ホテルで前日会見に臨んだ指揮官は、最後まで厳しい表情を崩さなかった。
 
「一番大事なのは勝つこと」
「選手たちに要求しているのは、確固たる決意を持ってリベンジすること」

【写真】シンガポール&カンボジア戦に臨む日本代表メンバー23人
 
 リベンジマッチ。ハリルホジッチ監督の言葉を借りるなら、11月12日の試合はそう位置付けられる。ロシア・ワールドカップのアジア2次予選も前半戦の4試合を終え、日本は3勝1分でグループ2位(1位は消化試合のひとつ多いシリア)。迎えた後半戦で最初にぶつかるのが、これまで日本が唯一勝てなかった国、シンガポールだ。前回対戦では試合の主導権こそ握ったもののゴールが遠く、悪夢のようなスコアレスドローに終わった。今回はなんとしても、勝点3を奪わなければいけない。
 
 試合の前日練習を含めて非公開練習が2日間続いたため、先発メンバーは不透明だ。そのなかで、指揮官は「何人かの選手は少し疲れているので、彼らは(試合に出るのが)難しいかもしれない。特にヨーロッパから合流してきた選手たち」と欧州組のコンディションを懸念。その言葉を額面通りに受け止めれば、何人かの主軸がスタメンを外れるかもしれない。
 
 ただ、この試合で重要なのは、まずゴールを奪うこと。なかでも早い時間帯の先制点が鍵を握る。実際に指揮官は「こういうタイプの試合では、できるだけ早くゴールを決めることが大事」と語り、ゲームプランの一端を覗かせた。ホームの歓声に押されて少なからず攻める気を見せたシンガポールに素早く一発をねじ込めれば、その時点で試合の行方は決するだろう。
 
 そうなると、先発は攻撃的なメンバーで組む可能性が高い。選手が多少疲れていようとも、先制さえすれば後は楽になる。前半のうちに勝負を決め、後半は台頭が期待される新戦力を試せるのであれば一石二鳥。そんな青写真も透けて見える。
 
 その意味でCFは、武藤のスタメン起用も十分にあり得るだろう。実績で“ベスト”は岡崎だが、最近のリーグ戦の調子では武藤に分がある。武藤を先発させ、リードを奪った後半から金崎を投入する――。そんな交代策にも期待したい。

ドイツで好調を維持する武藤が先発する可能性はある。10月のイラン戦でのゴールも、指揮官の頭に残っているはずだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ