【動画付き】乾貴士が語るスペインでの充実の日々「サッカーが楽しい。ボールが来るし、やり甲斐がある」

カテゴリ:海外日本人

豊福晋

2015年11月12日

攻撃さえできれば評価されると思われがちだが、実際は守備もこなせないと…。

リーガでは思っていた以上に守備を求められるという。持ち前のドリブル技術に加え、ドイツで身に付けたハードワークで指揮官の信頼を掴みたい。写真:中島大介

画像を見る

 今季、スペインで新たなキャリアをスタートさせた。4年間プレーしたドイツを離れてエイバルに移籍したのは、“憧れの地”で一花咲かせるためだ。ここで成功してこそ、本物──。世界最高峰のリーガ・エスパニョーラで戦う27歳の技巧派アタッカーは、静かに闘志を燃やしていた。
 
――◆――◆――
 
――スペイン語は上達しましたか?
 
「家庭教師に習っていますが、今のところ手応えはないです(笑)。動詞が変化しすぎです(笑)」
 
――ということは、選手とのコミュニケーションに苦労している?
 
「自分からは話しかけられないという部分で難しさを感じます。ただ、監督からの指示は通訳やドイツ語ができるコーチに教えてもらっているので、大きな問題はありません」
 
――リーガで成功するためには何が必要ですか?
 
「う~ん、なんでしょうね。ただ、ひとつ確かなのは思っていた以上に守備が求められる。スペインでは攻撃さえできれば評価されると思われがちですが、実際はそうではなくて、守備もこなせないと使われない」
 
――そのうえで、長所を出せるかが鍵になるというわけですね。
 
「自分の長所はドリブルとコンビネーションに、ハードワークだと思います。ハードワークはドイツにいた4年間で身に付けました。ドイツよりやりやすいのは、ドリブルやコンビネーションでの崩しです。スペインのほうがイメージを合わせやすいので、その点ではスムーズに対応できています」
 
――エイバルでは、自分のどこを伸ばしていきたいですか?
 
「スペインのサッカーを吸収したい。楽しく、イメージどおりにプレーできるようになりたいです」
 
――ドイツにいた頃よりも楽しんでいるように見えます。
 
「楽しいですよ。ボールは来ますし、やり甲斐がある。上手い選手もたくさんいて、ここまで本当に充実しています」
 
――スペインには、もっと若い時に来たかった?
 
「来たかったですね。最初からスペインが良かったです(笑)。もちろんドイツでも良い経験をさせてもらいましたが、やっぱりスペインがいいです」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ