• トップ
  • ニュース一覧
  • 「すごく悔しかった」水沼宏太が代表落選の胸中を語る。意気軒昂な32歳が気になる若手は?「全く違うレベルで前を向けるのが凄い」

「すごく悔しかった」水沼宏太が代表落選の胸中を語る。意気軒昂な32歳が気になる若手は?「全く違うレベルで前を向けるのが凄い」

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年09月27日

来年2月に33歳「経験を積んできたのはプレーに良い影響」

水沼は日本代表への意欲も示した。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜で活躍する水沼は、7月のE-1選手権で初の日本代表入りを果たした。香港戦(6-0)と韓国戦(3-0)でスタメン出場し、日本の4大会ぶりの優勝に貢献した。

「参加して、日の丸を背負う凄さを実感した。代表のユニホームを着て、試合開始前に国歌を歌って、試合に出て。しびれた」

 9月の森保ジャパンの欧州遠征には選出されなかった。「今まで一番、代表発表が気になった。入れず、すごく悔しかった」と“日の丸”への思いが一層強くなったようだ。

 カタール・ワールドカップに向けても、「メンバー入りが厳しいのは分かっているが、可能性がある限りチャレンジはしたい。少しでもチャンスがあるのに、諦める理由はない」と意欲を燃やす。

 来年2月には33歳になる。“ベテラン”と呼ばれる年齢に近づいてきたが、「年齢は関係ない。プレーしていて、まだまだ成長できると感じている」と気にしていないようで、「ただ、経験を積んできたのはプレーに良い影響を与えていると思う」とポジティブに捉えている。
 
 悔しい経験を糧にして、選手として成長してきた。昨シーズン、36試合出場でリーグ2位の9アシストをマークした。ただ、スタメンは1試合のみ。出場時間は667分にとどまった。

「ずっとスタメンでやってきて、ベンチスタートになったのは悔しかった。途中出場のわりにアシスト数が多いと評価されたが、アピールできるのがアシスト数に限られていた。選手としては最初から出てチームに貢献したい。でも、今後に活かせると思う。ベンチを経験して貴重な体験だった。途中から出る気持ちも分かった」

 高く評価されている正確無比なクロスなど、プレー面での活躍に加え、チームを鼓舞する声も定評がある水沼。ただ、チームリーダーとして意識的に行なっているわけではないと明かす。

「チームは勝たなければいけない。僕の声がけでチームの雰囲気が良くなるのなら、いくらでも声を出したい。喉が枯れたっていい。リーダーという意識はなく、夢中になって声を出しているだけ」

 そんな水沼に、今、最も気になる若手選手を尋ねると、横浜ユースの後輩、山根陸を挙げた。「喜田拓也ら“直属の後輩”は他にもいるけど、昇格1年目という意味で。聞くか聞かないかは本人の選択でいいという思いで、色々と伝えている」という。プレー面では「ユースからトップチームに昇格した直後のボランチが、スピードやプレッシャーが全く違うレベルの中でボールを持って前を向けるのが凄い」と称えた。
 
【関連記事】
【エクアドル戦のスタメン予想】南野拓実が満を持してトップ下で先発か。メンバー総入れ替えで最終ラインの並びもポイント
「信じられないほど無謀なタックル」「大失態」まさかのパスミス→PK献上、不用意なボールロスト…2失点に関与した英代表マグワイアに辛辣批判
現地メディアも注目したマドリーB中井卓大の公式戦デビュー。ただ、レギュラー獲得には厳しい見方も。「ナカイはチャンスを待ち続ける必要がある」
「一緒にプレーしてみたいレジェンドは?」久保建英が即答した選手は…
「バケモンです」ノルウェー代表でも止まらない!怪物ハーランドの“逆足ハーフボレー弾”が反響!「意味がわからない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ