【ロシアW杯南米予選】ついにスタート!押さえておきたい「5つのチェックポイント」

カテゴリ:国際大会

沢田啓明

2015年10月08日

バルサの「MSNトリオ」はそれぞれの国の成否を握る。

パラグアイはディアス(手前)、ペルーはガレカ(後方)というアルゼンチン人監督の下で復活の兆しを見せる。コパ・アメリカ2015では揃ってベスト4入りを果たした。
(C)Getty Images

画像を見る

バルサが誇る世界最強3トップ「MSNトリオ」。W杯南米予選では、それぞれの母国の大エースの役割を担う。(C)Getty Images

画像を見る

【チェックポイント3】
低迷中のパラグアイ、ペルーの復活はするのか?

 
 ワールドカップ出場8回を誇るパラグアイは、前回の南米予選で守備が崩壊して最下位に沈む体たらく。しかし、昨年12月に就任したJリーグの初代得点王、ラモン・ディアス監督の指導の下、伝統の堅守速攻スタイルを取り戻しつつある。コパ・アメリカ2015ではベスト4進出と結果を残した。
 
 欧州のメガクラブに所属するような傑出したスターはいないが、組織力はすこぶる高い。粘り強く戦えれば、2010年大会ぶりのワールドカップ出場が見えてくるだろう。
 
 70年と78年のワールドカップでベスト8に食い込んだ実績を持つ古豪ペルーは、82年大会を最後に檜舞台から遠ざかっている。とはいえ、CFパオロ・ゲレーロ、若手MFのクリスティアン・クエバら技術レベルの高い選手を複数抱えるうえ、今年2月に就任したリカルド・ガレカ監督がチームに一体感を植え付け、先のコパ・アメリカでは3位と大健闘。今予選の台風の目となっても不思議はない。
 
 
【チェックポイント4】
バルサの「MSNトリオ」らスーパースターの競演

 
 メッシ、スアレス、ネイマールというバルサの「MSNトリオ」をはじめ、ハメス、ビダル、カバーニ、アグエロ、サンチェス、ディ・マリアなど、欧州のメガクラブで主役を張るスターの競演もまた、南米予選の大きな見所のひとつだ。
 
 中でも見逃せないのが、やはりバルサのMSNトリオ。3人とも出場停止と故障で揃って序盤の試合を欠場するが、最終的には彼らの出来がアルゼンチン、ウルグアイ、ブラジルの成績を大きく左右するに違いない。ファウルまがいの徹底マークを受けるだろうが、コンディションさえ万全なら独力で違いを生み出すはずだ。
【関連記事】
絶体絶命の窮地に追い込まれたオランダは奇跡の逆転突破なるか?――いよいよ大詰め! EURO 2016予選プレビュー[A-D組編]
いずれも混戦模様! G組2位争いはロシア、スウェーデン、モンテネグロの三つ巴に――いよいよ大詰め! EURO 2016予選プレビュー[E-I組編]
ブラジル代表初の「背番号10&キャプテン」ネイマールは“マラドーナ”になれるのか!?
【コパ・アメリカ現地レポート】チリ、アルゼンチンを下し悲願の初優勝! 「4本のPK」に凝縮された勝因
必見・必読!! 現地取材ライターが選定するチリ発「コパ・アメリカ10大出来事」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ