南葛SCが挑む「JFL昇格」という難関と、その先にあるJリーグ参入への道――GMの描く青写真は?

カテゴリ:特集

伊藤 亮

2022年01月31日

「関東リーグ1部のチームは全てが強い」

南葛SCの指揮を執る森監督は、今季で2年目に突入する。『キャプテン翼』の哲学“ボールはともだち”の通り、マイボールを大事につなぐサッカーを展開する。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 とはいえ、実力が保証されている選手たちを揃えても、コンスタントにパフォーマンスが発揮されなければ意味がない。それはこれまでの南葛SCが悩んできた課題でもある。

「登録選手35人に対し、リーグ戦でベンチに入れるのは18人まで。試合に出られなかった選手の試合勘を維持するためにも、チームの熟練度を上げていくためにも、今シーズンは公式戦と同時にトレーニングマッチが非常に重要になると捉えています」

 さらに、新たにアスレティックトレーナーとコンディショニングコーチをトップチームに加えることが1月17日の「2022シーズン トップチームスタッフ体制のお知らせ」で発表された。

「チームの軸となる監督、コーチ、選手が残る中で何が一番重要か。それを考えた時にコンディションという結論になりました。既存の選手、新加入の選手含めて走り負けない。最後まで戦えるように体制を整えました。もともと植野悟さんという凄腕のトレーナーがいるのですが専属ではなかったので、東京ヴェルディで7年間やってきた実績のある能登篤史さんに専属でチームに付いてもらい、コンディション面に特化したフィジコ的な立ち位置で小出慎史さんにも入っていただきました」

 もちろん、全てが地域CLや全社の連戦のためではない。最も危惧しているのは関東リーグ1部のレベルの高さだ。

「正直、地域CLよりも全社よりも、勝ち抜く難しさでいえば関東リーグ1部の方がどう考えても大変と感じています。所属している全チームが強い、という印象です。正直、関東リーグ1部の半分のチームが今JFLに上がったとしても互角に渡り合えるのでは。仮にJFLに昇格したとして、そこからJ3へ昇格するより、関東リーグ1部からJFLに昇格することの方が断然難しいでしょう」
 と強調する。精力的に動き回る岩本GMだが、関東リーグ1部へのリスペクト、そして危機感によって身を突き動かされているように感じた。
 
【関連記事】
稲本潤一、今野泰幸、関口訓充が続々入団! 南葛SCはなぜ地域リーグでは異例の大型補強を行なったのか?――移籍交渉をしたGMを直撃!
立ち返るべきは「キャプテン翼」の哲学 南葛SC指揮官が明かした大一番を“戦う”覚悟とプライド
南葛SCが関東1部昇格を懸けて入替戦へ――指揮官が振り返る「継続とつながり」の2021シーズンリーグ戦
「足が遅いし背も小さい」南葛SCのアタッカーが得点王に! 仕事との両立でもハイパフォーマンスを発揮できたワケ
「葛飾区で盛り上がりたい」南葛SCの背中を押すサポーターたち。その情熱的行動に秘められた原動力

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ