【J2前半戦終了】全22チームの戦いぶりを振り返る Vol..2――大宮、磐田、福岡、岐阜編

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年07月08日

磐田――攻撃は及第点の出来だが、守備力の強度アップが急務。

昨季からボランチで起用されている宮崎の左足のパスセンス、巧みな位置取りは、磐田の強みになっている。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

ジュビロ磐田
リーグ成績(21節終了時):2位 勝点40 12勝4分5敗 34得点・22失点
 
【前半戦の戦いぶり】
 標榜する“アクションサッカー”の構築は順調だ。前線からの組織的な守備、球際でのアグレッシブさ、90分間走り切るタフネスは格段にレベルアップしている。
 
 昨季に比べると、やるべきことが細部まで明確化されており、指揮官と選手が一丸となって取り組めている点は大きく異なる。
 
 また、リーグ最多得点も満足できる結果だが、問題は守備面だ。集中力が切れる場面が散見されるなど波が激しく、いまだ課題は多い。昇格の成否はまさに、攻守(特に守備面)の強度をいかにワンランク上に持っていけるかに懸かっているだろう。
 
【前半戦MVP
宮崎智彦(DF)
心憎いまでの巧みな位置取りで、縦パス、カバーリングと、攻守の要としての仕事ぶりが際立つ。
【関連記事】
【大宮】スマートさより、首位にふさわしい絶対的な強さを
【大宮】家長昭博インタビュー|チームを背負う覚悟(前編)
【大宮】家長昭博インタビュー|チームを背負う覚悟(前編)
【磐田】最前線と最後方に陣取る“スペシャル”プレーヤー
【福岡】ニューイヤーカップの反省を活かし守備組織は確実に進化
【岐阜】改革2年目でのプレーオフ進出を目指す

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ