【岩本輝雄の目】宇佐美貴史「ハットトリック解析」――スペックが高すぎる点取り屋

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2015年06月30日

J1通算得点ランク2位の佐藤寿人に勝るとも劣らない技術。

2トップでコンビを組むパトリックと縦関係となった宇佐美(39)は、「そこまで下がるか」という位置取りから組み立てでも貢献した。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 現役選手で今、最も多くのゴールを決めているのは、広島の佐藤寿人だ。J1の通算得点ランキングを見ると、1位は157得点の中山雅史さん。そして2位が152得点の寿人。おそらく、今季中にもこの順位は入れ替わるのではないだろうか。
 
 寿人とは仙台時代で一緒にプレーした仲で、彼の優れたシュート技術はその頃から際立つものがあった。シュート練習でもバンバン決める。その技術は今もまったく衰えていないし、むしろ向上しているとも思う。ハマった時は日本で一番、シュートが上手い選手と言っても過言ではない。
 
 そんな寿人に勝るとも劣らない選手が、G大阪の宇佐美貴史ではないだろうか。
 
 第1ステージ最終節のアウェー山形戦、彼はわずか13分間で、J1では自身初となるハットトリックを達成した。
 
 試合は序盤から山形ペースだった。ハイプレッシャーで相手の先手を取り、ゲームを優位に進めていく。チャンスを決め切れず、ゴールは奪えなかったけど、少なくとも前半の山形のサッカーは評価に値するものだった。
 
 劣勢を強いられたG大阪だったけど、彼らは慌てていなかった。確かに主導権は握れなかったけど、ある意味、“やらせている”という風に見えた。相手の勢いが勝るのであれば無理をしない。リスク管理を徹底して、風向きが変わるのを待つ――昨年度王者の風格と余裕が十二分に感じられた。
 
 後半に入ると、さすがに山形にも疲れが見え始める。G大阪も攻撃の強度を少しずつ上げていくなかで、G大阪の背番号39は山形にとって嫌な存在だったに違いない。
 
 G大阪の布陣は4-4-2だけど、2トップのパトリックと宇佐美はどちらかというと縦関係になり、4-4-1-1とも言える変則的な形だった。最前線にパトリックがいて、ひとつ後ろの位置に宇佐美がポジションを取る。
 
 宇佐美が賢いのは、バイタルエリアの込み入ったスペースではなく、相手の2ボランチの脇あたりでボールを受けていたこと。「そこまで下がるか」というぐらいまで下がってきて、そこでパスをもらって前を向き、推進力のあるドリブルで敵陣を崩しにかかっていた。
【関連記事】
【J1採点&寸評】山形×G大阪|宇佐美が13分間で自身初のJ1初ハットトリック! 山形を粉砕し、得点ランキング単独トップに
【G大阪≪宇佐美の全ゴールリスト付≫】“不敗神話”は継続中。宇佐美ゴール時の勝率は「77%」
【日本代表<推定市場価格ランク付き>】市場価格「3億4000万円」の宇佐美。シンガポール戦で価値を高められず
【日本代表】初スタメンで1アシスト――攻撃に迫力を生んだ宇佐美貴史の躍動感
【J1】第1ステージ「スタジアム収容率ランキング」を発表! 浦和の「埼スタ」は10位。実質1位は甲信越が誇る「熱狂の地」
【元ガンバ主将の挑戦】木場昌雄|東南アジアと日本の架け橋になるために――。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ