数多の日本代表戦士を育てた80歳・名伯楽は、なぜ母校の浦和高校に舞い戻ったのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

河野 正

2021年10月04日

「一番大切なことは、学ぶために最適な環境を提供することです」

筑波大を強豪校に押し上げた松本氏(左)。今年から週2回、浦和高校で指導にあたっている。写真:河野正

画像を見る

「私が在学していた当時、イチョウの木はいまとは反対側に植えてあり、シュート板は現在の部室の前に設置されていたんですよ」

 埼玉県立浦和高校サッカー部OBで、筑波大学名誉教授の松本光弘さんは、母校のグラウンドを見渡しながら、懐かしそうに往時の風景を説明した。

 同校サッカー部の歴史は輝かしい。学制改革で浦和中学から浦和高校となり、名称が全国高校蹴球選手権に変わった1948年度の第27回大会に埼玉県勢として初出場。第30回大会で初優勝を遂げ、第33、34回大会では連覇を達成した。2年生の松本さんは第37回大会にサイドバックで出場したが、初戦の2回戦で島原商(長崎)に1-2で屈した。

 犬飼基昭・元日本サッカー協会会長、村井満・現Jリーグチェアマンは著名なOBだが、ほかにもサッカー界に貢献した卒業生は大勢いる。柴田宗宏氏は読売クラブ(現東京ヴェルディ)創設に尽力したひとりで、70年代は7人だけだった日本人国際審判員のうち、OBの浅見俊雄、倉持守三郎、藤井泰光の3氏が同時期に担当していたこともあった。
 
 松本さんがそんな母校の指導を始めたのが昨年12月22日だ。昨秋、同級生との懇親会がきっかけで実現したのだが、「選手を教えるだけではなく、指導者に学んでもらう研修の場にもしたかったのが本意です」と説明する。浦和高校と東京教育大(現筑波大)で松本さんの2つ後輩、元埼玉県サッカー協会副会長の星野隆之さんは「これまでの指導歴、研究歴は出色です。必ずチーム全般のためになると思い、監督との橋渡しをしました」と述べる。

 東京教育大蹴球部コーチや福島大サッカー部監督を経て、78年に監督として筑波大に戻った松本さんは、風間八宏や長谷川健太、井原正巳や中山雅史ら無数の名選手を育て上げた。浦和南が全国高校選手権を制した陣容からは田嶋幸三、森田洋正、野崎正治を指導した。

「一番大切なことは、学ぶために最適な環境を提供することです。選手に原理原則を与えて変化が出てきたら、指導者はさらに踏み込んだアプローチをしないといけません。指導とはこういうものだと思います」

【PHOTO】日本代表の歴代ユニホームを厳選写真で振り返り!(1992-2021)
【関連記事】
浦和レッズでプロになった“早熟の天才”。28歳で現役を引退してからクラブ代表として辣腕を振るうまで
インハイ予選での復権を期す! 浦和サッカーが誇る伝統校、県内公立で2校目の“人工芝グラウンド”に込めた想い
ルーキー小野伸二を支えたふたつの金言…アウェー鹿島戦で天才MFは変革の糸口を掴んだ
「今の彼が一番好きです」偉業を達成した山瀬功治と、鉄人を支えた姉さん女房の物語
“赤き血のイレブン”と栄光の日々──。浦和南高校の記念碑完成に豪華OB&重鎮たちが大集結!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ