• トップ
  • ニュース一覧
  • “赤き血のイレブン”と栄光の日々──。浦和南高校の記念碑完成に豪華OB&重鎮たちが大集結!

“赤き血のイレブン”と栄光の日々──。浦和南高校の記念碑完成に豪華OB&重鎮たちが大集結!

カテゴリ:高校・ユース・その他

河野 正

2020年11月03日

「こんにちは、玉井真吾です」に会場がドッ!

左から永井良和・OB会長、田嶋幸三・JFA会長、清水勇人・さいたま市市長、村井満・Jチェアマン。豪華な面々が除幕式に立ち会った。写真:河野正

画像を見る

 埼玉・浦和南高校サッカー部の輝かしい栄光を称える記念碑がこのほど完成し、サッカー界で要職に就く卒業生らが集い、11月3日に同校で除幕式が行なわれた。

 式典には日本サッカー協会の田嶋幸三会長、Jリーグの村井満チェアマンのほか、OB会長の永井良和さん、さいたま市の清水勇人市長らが出席。田嶋会長と永井さんで幕が払われると、記念碑上段には「赤き血のイレブン 浦和南高校サッカー部 栄光の歴史」のタイトルとともに全国大会での足跡と3冠を獲得した当時の永井さんらの写真、全国高校選手権決勝で田嶋会長が決めた得点シーンの写真が添えられた記念碑がお披露目された。

 下段には1963年の開校とともに着任して浦和南を全国屈指の強豪に鍛え上げ、昨年9月に85歳で死去した松本暁司監督の顔写真やOBのメッセージが彫り込まれたモニュメントとなっている。記念碑の両脇には松本先生が愛でたハナミズキを植樹した。

 69年度に2年生のエースFWとしてインターハイ、国民体育大会、第48回全国高校選手権を制し、人気漫画『赤き血のイレブン』の主人公、玉井真吾のモデルとなった永井さんは「こんにちは、玉井真吾です」と笑わせ、「先輩や後輩と久しぶりに会えて嬉しい」とあいさつ。田嶋会長は「玉井真吾に憧れ、記念碑でもにらみを利かせている松本先生の指導を受けたくて浦和南を選んだ」と切り出し、公立の浦和勢がなかなか全国大会に出場できない現状にも触れ、「浦和のどのチームでもいいので埼玉を制して全国に出てほしい」とエールを送った。

 この日は2001年にスタートした「浦和4校サッカー部OB交流会」の第20回大会も開催され、旧浦和市の高校サッカーの歴史を刻んできた浦和、浦和西、浦和市立(現市立浦和)、浦和南の卒業生が多数集まった。元日本代表監督の西野朗さんの恩師、浦和西の仲西駿策元監督も駆け付け、「久しぶりに顔を出しました。こういう集まりは楽しいですね」と笑顔で語り、教え子である日本サッカー協会審判委員会の黛俊行委員長やJリーグ・川崎フロンターレの今井敏明元監督らと談笑していた。
【関連記事】
伝説のOBたちがいま明かす、埼玉サッカー界が誇る“鬼マツ”松本暁司の奥深き生きざま──
なんと今年度は4選手のJ入団が内定! 昌平高校はなぜ短期間で“埼玉の本流”となれたのか
“赤い彗星”金古聖司はいま──。高校サッカー部監督として美学を貫く40歳の「埼玉奮闘記」
【選手権予選】男女の出場決定校&各都道府県予選・スケジュール一覧
編集部が厳選!! 2020年の高校サッカー界を彩る注目株300選~関東編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ