前橋育英の10番・笠柳翼が長崎入団内定! 41歳名手のプレーに抱いた憧れと感銘受けた人間性「本当に凄い人だと…」

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年10月04日

代表入りへ「海外でプレーする選手がほとんどで…」

前橋育英からJ2長崎への入団が内定した笠柳。写真:安藤隆人

画像を見る

 10月4日、前橋育英MF笠柳翼の来季Vファーレン長崎入り内定が発表された。今年から前橋育英の10番を背負う彼にとって、これはまさに『不退転の覚悟』を持って掴み取ったものだった。
 
「A代表を見ていても海外でプレーする選手がほとんどで、そうしないとA代表に入れない流れになっています。その大半が高卒プロもしくは高校でプロデビューしている選手ばかり。それに五輪代表を見ても、以前は国内の選手が多かったのに、東京五輪では多くが海外組という現実も見ました。だからこそ、逆算して早くプロの世界に飛び込みたいと思っていました」

 自分の未来から逆算をした上で、高卒プロになることを心に決めていた。だが、決意をしただけでその権利を掴み取れるわけではない。それに昨年の彼は常に交代の1番手ではあるが、スタメンを飾ることができない『12番目の選手』だった。

「自分の中では2年で活躍をしてプロから声をかけてもらうイメージだったのですが、昨年は途中出場という枠から飛び出せなかった。武器であるドリブルも出し切れた印象はなく、苦しい時期だったのですが、年が明けた時に『新チームになったら絶対に中心として活躍して、プロからのオファーを掴む』と改めて強い覚悟を持ち直すことができた」

 彼が狙っていたのは春のフェスティバルでの『爆発』だった。得意のドリブルを駆使して、ゴールを奪い切れる選手になる。自主トレで仕掛けからフィニッシュまでの形を、常に実戦をイメージしながら黙々と取り組み、何度も左右の足を振り抜いた。すると3月のプーマカップ群馬で彼は左サイドハーフとして切れ味抜群のドリブルと、アタッキングエリアに入ってからシュートとパスの判断力の高さを示して、前橋育英の攻撃の中枢として大きく飛躍してみせたのだ。

 この大会を境に、Jクラブのスカウトの口から「笠柳」という名前を耳にする機会が増えた。プリンスリーグ関東が開幕してからも、彼のドリブルの切れ味はもちろんのこと、球離れのタイミングと受け直してからの仕掛けのスピードなど、アタッキングエリアでの精度の高いプレーは観る者を惹きつけた。
 
【関連記事】
新潟の一サッカー少年が故郷を離れて単身佐賀へ赴いた理由と、Jリーガーとして帰郷を選択するまでの紆余曲折
特大のポテンシャル!ガーナにルーツを持つ189cmの中3FWに、U-15日本代表・廣山監督も期待大!
パリ五輪を狙う逸材たちの最新序列――3年後を見据えるU-20日本代表の注目株は? 海外挑戦が噂されるタレントも
「天才」と言われた弟は高卒でJ1リーガーに… 兄はいかにして邪な嫉妬心から解放されJ1内定を掴めたのか?
Jクラブも注目する興國高CBのポテンシャル。C大阪U-18でFWを務めていた18歳はなぜ新たな挑戦を選んだのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ