新潟の一サッカー少年が故郷を離れて単身佐賀へ赴いた理由と、Jリーガーとして帰郷を選択するまでの紆余曲折

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年09月27日

「小学校時代から県外に出たかった」という少年のもとには関東の強豪校やJクラブからも誘いが…

J2新潟入りが内定した佐賀東の吉田。新潟出身の彼は、なぜ地元を離れる決断をしたのか。写真:安藤隆人

画像を見る

 9月26日、佐賀東の3年生MF吉田陣平の来季からのアルビレックス新潟加入内定が発表された。吉田はボランチ、サイドハーフ、トップ下と中盤ならどこでもこなせるユーティリティープレーヤーで、特徴はなんと言ってもボールを取られないドリブルの精度とパスの判断力の高さにある。

【PHOTO】2021年インターハイを熱くする“逸材タレント”を写真でチェック!~MF編
 
 新潟で生まれ育った彼は小学校時代からドリブルを得意とし、繊細なボールタッチと前への推進力を駆使して、アタッカーとして活躍をした。中学に進むとパス中心のサッカーの中でボールを持つことから離すタイミングやパスの質を磨き上げ、高校ではこの2つを融合させて個で打開できて、かつパスでも崩せる選手に成長を遂げた。

 この成長過程は周りの指導者の影響も大きいが、何より彼自身が成長に対して貪欲だったことが大きかった。小学校時代、彼はほぼ1年ごとにクラブを変えて、かつスクールにも通っていた。理由は「いろんな環境でサッカーをすることで、多くのことを学びたかった」と語るように、小学校時代から自分の足りないものに目を向けて、そのために具体的なアプローチができる選手だった。

 高校進学時も「小学校時代から県外に出たかった」と、地元の帝京長岡高からも誘いを受けたが、小学校時代のスクールのコーチがいる佐賀東に自ら売り込んで、練習参加をした。同時に彼のもとには前橋育英とジュビロ磐田U-18からも誘いが届いており、最後までどれにするか悩んだが、最終的には「やっぱり僕の武器にドリブルを加えてくれたコーチの下でもう一度サッカーがしたかった」と佐賀東を選択。全く所縁のなかった佐賀県に単身でやってきた。

 佐賀東はディフェンスラインからビルドアップをして、ピッチの幅を使いながらパスとドリブルを組み合わせたサッカーを標榜し続けている高校で、彼のスタイルとも合致をしていた。実際に蒲原晶昭監督は彼のサッカーセンスに可能性を見出して1年時から起用。当初はトップ下だったが、夏以降にボランチにコンバートすると、1年生ながら瞬く間にチームの攻守の要となった。
 
【関連記事】
「高校生じゃ止められない」内田篤人が衝撃を受けた高卒ルーキーは?
高校サッカー界のキングや数々の世代別代表も! 福井インターハイを彩る“逸材45人”を編集部が厳選!~MF編
「天才」と言われた弟は高卒でJ1リーガーに… 兄はいかにして邪な嫉妬心から解放されJ1内定を掴めたのか?
「プロ輩出」を最優先する淡路島の新設校から、無名の高校3年生・福井悠人がJ3デビューを果たすまで
「うますぎる」「これぞボールは友達!」小野伸二のハイレベルな“長距離リフティング”動画が話題!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ