「天才」と言われた弟は高卒でJ1リーガーに… 兄はいかにして邪な嫉妬心から解放されJ1内定を掴めたのか?

カテゴリ:大学

安藤隆人

2021年09月25日

弟は現在J2山口でレギュラー。立正大MF田中宏武が明かした想い「僕のサッカー人生で、他者と比べてきたのはほとんど弟でした」

来季の札幌加入内定を掴んだ立正大のMF田中宏武(左)と弟の渉(右)。兄の宏武はスピードを武器に縦への仕掛けで勝負。弟の渉は高卒でJ1仙台入りし、今季は期限付き移籍で山口へ。写真:安藤隆人

画像を見る

 常に彼のサッカー人生には弟の存在が大きく影響を与えていた――。

 来季、北海道コンサドーレ札幌に加入が内定している立正大MF田中宏武には、1学年下に弟がいる。弟の名前は渉。現在、レノファ山口FCでスタメンを張る現役のJリーガーだ。

【PHOTO】J内定者から隠れた逸材まで…2021大学サッカー注目プレーヤー
「高校時代、弟は『天才』と言われて、左利きでテクニックもあって、本当に自分にないものを持っている凄い選手だった。高卒でベガルタ仙台に入って、本当に凄いなと思ったし、負けていられないなと思わせてくれる存在です。今も追いついたとは思っていません」。

 宏武は渉のことをこう口にしたが、この言葉が素直に言えるまで正直時間がかかったのは事実であった。

 群馬県で生まれ育った2人は、同じタイミングでサッカーを始めた。宏武3年生、渉2年生。スタートは同じはずなのに、右利きの自分に対して、左利きの渉は周りから重宝されているように見えた。そして学年が上がってくるにつれて、プレースタイルの違いも感じるようになった。視野が広く、正確なパスを駆使したゲームメイクに長けた弟と、スピードを武器に縦に仕掛けていく自分。

 だが、彼の中ではその違いがそれぞれの武器と認識する前に、羨ましい気持ちが先に出ていた。だがそれは無理もない話。キャリアも同じ、1歳しか違わない弟に対して、冷静に比較できるわけがない。

「一緒に始めた分、同じ成長度合いのはずだと思っていました。…でも弟の方が評価をされることが多くて、それを僕としては常に認めずにやってきた」

 負けたくない。弟の評価の方が高いということは薄々感じている。でも、認めたくない。

「僕のサッカー人生で、他者と比べてきたのはほとんど弟でした。自分と同じポジションの選手が活躍しているかどうかよりも、弟が試合に出ているかどうかの方が重要で気にしていました」

 弟よりも点を取りたい。弟よりも相手を抜きたい。弟よりも…。FC尾島ジュニア、前橋SCジュニアユース、そして桐生第一高と同じルートを辿っていく中で、この気持ちが彼の中で焦りと葛藤をもたらしていた。伸び伸びとプレーする弟に対し、兄は気持ちに余裕が持てない時もあった。
 
【関連記事】
プロ内定者から選手権のヒーロー、J指揮官が惚れ込んだ逸材まで…2021年大学サッカー注目選手15選
クラブユース、インターハイ、大臣杯――。Jクラブも熱視線の俊英など今夏輝いた大学・ユース世代の注目株10選!
昨冬の選手権得点王が衝撃の大学デビュー戦ゴール! 青森山田高卒の早大1年生アタッカーが早くも台頭
【セルジオ越後】欧州組の序盤戦。冨安はまだ安泰じゃない!取り上げるべきは南野や三笘のゴールより…
「生き方そのものが問われている」。SNSでの誹謗中傷について、村井チェアマンの傾聴すべきメッセージ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ