【ブンデスリーガの注目選手/後編】バイエルンの超逸材にドルトムントの新守護神etc…新シーズンを盛り上げる5人の有望株

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2021年09月17日

ブンデスリーガでもトップレベルの実力を誇る守護神

今シーズンの注目の(左から)ディアビ、ショボスライ、ムシアラ、ゴーベル、アウォニィ。(C) Getty Images

画像を見る

 今シーズンも「スカパー!」で全試合生中継されるのがブンデスリーガ1部だ。昨シーズンの上位チームが軒並み新監督を迎えるなか、34歳のユリアン・ナーゲルスマンに指揮を託した絶対王者バイエルンは、前人未到の10連覇を達成できるのか。久々の新チャンピオンが誕生するのか。日本人選手の活躍とともに今季も目が離せない。

 ここでは、そんな新シーズンを盛り上げる必見プレーヤーを紹介。2大ストライカーと3人の日本人選手を取り上げた前編に続く後編では、それぞれ違うキャラクターを持った5人の有望株をフィーチャーする。

―――◆―――◆―――

●グレゴル・コーベル(ドルトムント/スイス代表GK)
 絶対王者バイエルンの独走を阻むという意味でもドルトムントには相当の期待がかけられている。調子のいい時の破壊力はすごいが、シーズンを通しての安定感がいかんともしがたいほど欠けていたチームにとって、この新守護神のセービング能力は大きな支えとなるはずだ。

 特にビックゲームでは、相手の決定機を阻止したり、きわどいところでピンチを未然に防げたりできるかが大きなポイントとなるだけに、周囲の期待は大きい。

 元々、195センチの長身を活かしたハイボール処理や身体を大きく使ってのシュートストップに定評があったGKは、シュツットガルトでの2年間でさらに大きな成長を遂げた。その実力はすでにブンデスリーガでもトップレベルだ。

 ドルトムント加入後も、さっそく好セーブを連発。足下の技術とビルドアップへの貢献に関しては課題を残すが、最後尾からチームに確かな安心感を与えている。この守護神のセーブ率には、とくに注目してほしい。
 
●ドミニク・シュボスライ(RBライプツィヒ/オーストリア代表MF)
 昨シーズンにクラブ史上最高の2位でフィニッシュしたものの、得点力不足に泣いたRBライプツィヒ。求めていたのは、バリエーション豊富なチャンスメークに加えて、アタッキングサードで決定的な仕事ができる選手だった。

 その責務を担う選手として期待されているのが、実質1年目のこのMFだ。姉妹クラブのレッドブル・ザルツブルクから1月に移籍してきたものの、昨シーズンはケガの影響で全くプレーできなかったのだ。

 迎えた今シーズンは第2節で初スタメンを飾ると、早速の2ゴール。右足から繰り出されるシュートは鋭く、直接FKの精度も高い。ゴールへの意識が非常に強く、強引にでもシュートに持ち込むその姿勢は、時にコンビネーションに走りすぎるライプツィヒにとって貴重な存在となるはず。中盤からドリブルで長い距離を運ぶ推進力も魅力だ。

 90分を通してプレーするにはコンディションをあげる必要があるのは確かだが、ブンデスリーガの優勝争いを面白くするためにも、この20歳の爆発に期待したい。
【関連記事】
【ブンデスリーガの注目選手/前編】2大ストライカーは今季も必見!鎌田、長谷部、遠藤航に求められる役割は?
「エンドウに必要なのは休息だ」ドイツ紙が“疲労困憊”の遠藤航を懸念「見る影もなく、疲れ切っている」
久保建英がエムバペ&ハーランドと共に来季マドリーのキーマンに! 現地メディア「クラブは将来の大きな柱と…」
「信じられない!」香川真司が先発した開幕戦で…同僚GKの衝撃ミスに現地唖然!「恐ろしい失態」
「なんて美しいゴールだ」堂安律の衝撃弾にオランダメディアから絶賛相次ぐ!「華麗なドリブルから…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ