クラブユース、インターハイ、大臣杯――。Jクラブも熱視線の俊英など今夏輝いた大学・ユース世代の注目株10選!

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年09月11日

将来有望な金の卵たちを一挙に紹介!

左から福田(神村学園高)、松木(青森山田高)、松井(法政大)、五十嵐(川崎U-18)。(C)SOCCER DIGEST/滝川敏之/安藤隆人/金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ユース・高校・大学、それぞれの主要大会が今夏に行なわれた。ここでは、育成年代に詳しいライターの安藤隆人氏に、クラブユース選手権、インターハイ、大臣杯の3大会で出色の活躍を見せたプレーヤー10名を厳選してもらった。パリ五輪世代の逸材やJクラブも注目する俊英など、将来有望な金の卵たちを紹介する。

――◆――◆――
 
No.01
松木玖生(青森山田高/3年/MF)
1年次から名門・青森山田の主軸として君臨し続ける男は、やはりインターハイでも主役となった。激しい球際、巧みなフィジカルコンタクトを駆使したボール奪取と、得意の左足から繰り出すラストパスやシュートは常に相手の脅威となり続けた。準決勝の静岡学園戦では、左足から直接FKを叩き込むなど、2度目のインターハイ優勝の立役者に。3年生になって、放つオーラと攻守における強度がさらに増し、メンタリティも高校生離れしたものを持つ。まさにこの世代を代表する存在だ。

No.02
佐野航大(米子北高/3年/MF)
春先に彼のプレーを見た時は、身体操作がうまく、ポストプレーやターンしての抜け出しなど、FWとしてバリエーション豊富な動きを見せ、フィニッシュワークも非凡なものを感じさせていた。だが、インターハイでは攻守の要となるボランチでプレー。「兄からいろいろアドバイスをもらって、自分なりに課題の守備に挑戦をした」と兄の佐野海舟(J2町田)という最高のお手本をもとに、ボール奪取力やポジショニング、奪ってからの仕掛けなどを身につけ、一気にスケールアップを遂げた。プロ注目の存在となっている。

No.03
福田師王(神村学園高/2年/FW)
ストライカーとしての凄みは明らかに増した。どこか幼さが残った昨年とは違い、鋭い眼光で常にゴールを捉えながら、独りよがりになることなく、周りを上手く生かしながらアタッキングエリアに侵入していく。彼の魅力の1つである跳躍力はさらに磨きがかかり、アーリーヒットなどで相手との駆け引きを制してから、空中で止まっているかのような対空時間の長いヘッドを繰り出す。インターハイではハットトリックを含む5ゴールをマーク。青森山田の松木とともに得点王に輝いた。
 
【関連記事】
「じわじわと悔しさが…」来季は田中碧に替わる存在へ。川崎加入内定の法大ボランチ松井蓮之が東京五輪から得た刺激
なぜ中国のエースは空港で日本の欧州組を撮影し、反響を呼ぶ投稿をしたのか。その真意を激白!「僕は何度も言ってきた」
「速すぎる!」日本戦で中国代表の若手たちが衝撃を受けた選手は? 「ため息をついていた」
「馴染むの早いな」アーセナル冨安健洋の“おんぶ”ショットが大反響!「ガチの笑顔っぽくて好き」
「タケはバイクみたいだし問題ない」久保建英、中国戦から中3日での強行スタメンを指揮官が示唆!「代表戦の出場時間は最も長かったが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ