【J1採点&寸評】名古屋1-1清水|MOMは同点弾の助っ人FW!名古屋も決して悪くはなかったが…

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2021年08月30日

名古屋――十八番の試合展開も無失点で逃げ切れず

【警告】名古屋=なし 清水=なし
【退場】名古屋=なし 清水=なし
【MAN OF THE MATCH】チアゴ・サンタナ(清水)

画像を見る

[J1リーグ27節]名古屋1-1清水/8月29日(日)/豊田スタジアム

【チーム採点・寸評】
名古屋 5.5

十八番で鉄板とも言える先制点を奪った試合で追いつかれ、勝点3を逃した。決して崩された失点ではなかったが、これを守りきれるのが彼らの強み。悪くはないが、良い試合だったというよりは、勿体ない試合という印象。

【名古屋|採点・寸評】 
GK
1 ランゲラック 6

サンタナのシュートは身体の向きからして反応が難しいシュートだった。それ以外は堅実なセービングを見せ、判断力も十分に発揮。

DF
6 宮原和也 6

コロリとのマッチアップは体格差をまるで感じさせない力強さ。プレッシャーを受けても冷静につなぎ、すぐに切り替えてプレーを続ける姿はベテランの趣も。

4 中谷進之介 5.5
最近武器になってきたサイドチェンジを今日も見せた。対人守備では読みを利かせたインターセプトもあり、対応力の高さを見せたが、失点の場面は寄せきれずに決められた。
 
20 キム・ミンテ 6
落ち着いたビルドアップに力強い守備、空中戦の強さと持ち味をきっちり発揮している。これで3試合目とは思えない馴染みよう。セットプレーでもっとチャンスボールが欲しいところか。

23 吉田 豊 6
ハーフスぺースとサイドを二重に突破してくる相手に対し、個人処理能力の高さが抜群に生きた。試合を通じて名古屋の左サイドはほぼ平穏無事だった。

MF
15 稲垣 祥 6

まさにボックス・トゥ・ボックスのお手本のようなプレーで攻守に強い存在感。相手のプレスに対してもボールを逃がす、中盤を締めて回った。

5 長澤和輝 6(58分OUT)
稲垣とつるべの動きで攻守のリンクマンとしてピッチを快走。ややパスミスが目立つところもあるが、先制点の場面は彼の粘りから生まれた。
 
【関連記事】
「キョウゴは中央で起用するべきだった」8戦7発の古橋亨梧は、なぜ大一番で左サイドに回されたのか? “采配ミス”をポステコグルー監督が認める
【川崎】三笘薫に移籍前にかけられた言葉。楽しみな遠野大弥のさらなる成長
メッシが66分から途中出場でついに新天地デビュー!パリSGは渦中のエムバぺの2発で開幕4連勝
「クボに圧倒された」久保建英がスペイン五輪代表の銀メダリストたちに“個人リベンジ”! 対峙したMFには酷評「何の役にも立たず」
【J1】名古屋4連勝ならず6位に後退…鳥栖が5位浮上! 前節川崎を破った福岡は連勝で9位に

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ