【アジア最終予選ポイント展望】東京五輪で吉田麻也の相棒も務めた守備のユーティリティがキーマンに?

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2021年08月25日

最終予選の攻守のキーマンは?――攻撃ではカウンターを狙う場面で浅野拓磨が重宝するか

清水氏が日本代表のアジア最終予選でのキーマンに挙げる板倉(左)と浅野(右)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 いよいよ始まるカタール・ワールドカップのアジア最終予選。B組に入った日本は、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと戦う。熾烈な戦いを森保ジャパンは勝ち抜くことができるか。予選突破への攻守のキーマン、注目すべきカードについて、サッカーライターの清水英斗氏に訊いた。

――◆――◆――
 
 突破のキーマンは、攻撃では浅野拓磨を挙げる。

 今回の最終予選は中国とオーストラリアが新型コロナウィルス防疫措置のため、自国開催を中止し、第三国(おそらく中東)でホーム戦を行うことが有力視されている。サウジアラビアとベトナムは自国開催の予定だが、観客数は制限される可能性が高い。つまり、過去の予選ほどアウェーの圧迫感は無いかもしれない。

 ただ、それでも、最終予選である。2次予選とはレベルも緊迫感も段違いなので、ボールを持たれたり押し込まれたりと、日本のリズムで試合を運べない苦境は、充分に予想できる。

 森保監督はそうした強敵とリスクを負って打ち合うタイプではない。勢いを受け止めて我慢するタイプなので、浅野のようなスピードスターは、カウンター場面で重宝しそうだ。前回の最終予選でも、浅野は突破を決めたホームのオーストラリア戦で先制ゴールを挙げているが、現在はセルビアでの経験を経て、さらに得点力を上積みした。ゴール前へ入って行くパワーは桁違いだ。今回の浅野は特に期待できる。

 守備のキーマンは吉田麻也、と言いたいところだが、もはや彼はキーマンのレベルではない。前提だ。一方、少し不安があるのは冨安健洋のほう。怪我のリスクと、移籍動向次第では、コンディション苦で最終予選をフルに戦えないかもしれない。累積警告も考慮すれば、不動のセンターバックコンビが欠ける状況はあり得る。

 代わりの候補は植田直通、谷口彰悟や中谷進之介もいるが、東京五輪で吉田の相棒を務めた経験から、板倉滉にアドバンテージがありそう。板倉はセットプレーも強いので、センターバック以外にも、終盤の守備固めでMFに投入することもできる。勝点を挙げる上で、板倉は最終予選のキーマンになるのではないか。
 
【関連記事】
【アジア最終予選ポイント展望】古橋の新天地での充実ぶりを代表でも活用すべき! 現状での最適なコンビは?
【アジア最終予選ポイント展望】最大の山場は来年3月の豪州戦。南野は“真のエース”になれるか
東京五輪代表22人のW杯アジア最終予選でのリアルな戦力評価。欧州移籍を叶えた田中、三笘、林らの位置づけは…
「随所で光る圧倒的な強さ」浦和・酒井宏樹の世界レベルの守備に脚光!ファンも「安心して見てられる」と感嘆
「次のアジアのスターだ」古橋亨梧のゴール量産に印メディアも注目!「ナカムラのようになれる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ