【J1採点&寸評】仙台0-0横浜FC|MOMはファインセーブ連発の新守護神! 仙台の2CBも高評価

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2021年08月15日

仙台――序盤から得た決定機を決め切れず悔しい勝点1に

【警告】仙台=赤﨑(59分) 横浜FC=F・ヴィゼウ(54分)、袴田(88分)
【退場】仙台=なし 横浜FC=なし
【MAN OF THE MATCH】スベンド・ブローダーセン(横浜FC)

画像を見る

[J1リーグ24節] 仙台0-0横浜FC/8月14日(土)/ユアテックスタジアム仙台

【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
序盤から立て続けに決定機を迎えるが、ポストを叩く場面や相手の好守に阻まれゴールならず。後半も決定的なチャンスを決めきれず、2試合連続スコアレスドロー。ビルドアップが改善しているだけに、フィニッシュが惜しまれる。

【仙台|採点・寸評】
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 6.5
ここ最近の試合よりも守備機会が少なかったが、ピンチの場面ではしっかり集中してチームを救うシュートストップを見せ、無失点に抑えた。

DF
25 真瀬拓海 5.5(89分OUT)
相手の背後によく入り込み、決定機に多く絡んだが、試合終盤は手倉森監督も会見で指摘した通り、疲れからか判断ミスが多くなった。また後半は修正できたが、前半の守備では松尾の対応に苦しんだ。

5 アピアタウィア久 6.5(89分OUT)
以前のような集中切れがなくなり、危機察知の力が高まった。ピンチの場面で身体を投げ出し、相手のシュートを防いだり、コースを限定したりといったことができていた。

3 福森直也 6.5
初出場、初先発ながら冷静にプレー。精度の高い左足のキックを生かし、背後のスペースや、対角のサイドハーフに正確なロングフィードを出し、攻撃の起点として活躍。今後に大きな期待を持たせる出来だった。

14 石原崇兆 6
前半終盤にパスミスからピンチを招いたが、それ以外は守備面で相手のWBによく食らいつき、奮闘を見せた。攻撃でもいくつか決定機を演出することができていた。
 
MF
6 上原力也 6
90分間よくボールに絡み、決定機に繋がるパス出しも多く、コンディションは上がっている。ある程度ボールを保持でき、試合の主導権を握る原動力となっていた。

35 フォギーニョ 5.5
球際の強さを生かした守備や、セカンドボールを拾うなど持ち味は出せていたが、攻撃に転じた時のパスで味方と呼吸が合わない場面があった。プレースキックももう少し工夫が必要だ。

26 加藤千尋 5.5(63分OUT)
真瀬とよく絡みながら機を見て攻撃を仕掛け、クロスから決定機も創出したが、ゴールに絡むシーンは作り出せなかった。
 
【関連記事】
「なんて素晴らしいんだ」開幕戦ゴールの遠藤航を欧州メディアが絶賛!「中盤のボスだった」
「日本のサポーターは信じられない!」モナコ公室関係者のデュクリュエ氏は、なぜJリーグの虜になったのか【インタビュー】
「まんまと騙された」バイクマシンにまたがる猶本光に安藤梢がかけた一言で…「見事としか言いようのない筋力」
酒井宏樹が見せつけたクオリティ…重戦車のようなフィジカルと攻撃参加は驚異的だった
なぜマジョルカは久保建英をチーム最高年俸で迎え入れたのか? 番記者が明かすピッチ内外の思惑【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ