「なんて素晴らしいんだ」開幕戦ゴールの遠藤航を欧州メディアが絶賛!「中盤のボスだった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月15日

「ふてぶてしくも賢いゴールだった」

腕章を巻いてプレーした遠藤はチーム初得点をマークした。(C)Getty Images

画像を見る

 新キャプテンのパフォーマンスに称賛が集まっている。

 現地時間8月14日に行なわれたブンデスリーガの開幕節で、遠藤航と伊藤洋輝が所属するシュツットガルトは昇格組のグロイター・フェルトと対戦。5-1の圧勝を飾った。

 この試合でゴールラッシュの口火を切ったのが、今シーズンから主将に就任した遠藤だ。全6試合に先発した東京五輪の3位決定戦(メキシコに1-3)から8日しか経っていないにもかかわらず、ダブルボランチの一角でスタメン出場を果たすと、30分だった。

 味方がパスを回している間にするすると前線に上がり、フィリップ・フェルスターのパスを受けると、飛び出してきたGKの鼻先でふわりと浮かす技ありのシュート。冷静に今シーズン初ゴールとなる先制点を奪ってみせた。

【動画】前線に上がり冷静なフィニッシュ!鉄人・遠藤航の技あり弾はこちら
 結局、フル出場で勝利に貢献した遠藤を、シュツットガルトの地元紙『Stuttgarter Nachrichten』は、次のように称賛している。

「日本人がオリンピックから戻った後、ペッレグリーノ・マタラッツォ監督は、彼はまるで離脱していなかったようにトレーニングに参加したと語った。これはまさに、新しいキャプテンがフュルト戦でとった行動だ。彼は中盤のボスだった。そして、どんなに素晴らしいキックを持っているかを示した。珍しくボールを1つか2つ失ったことは問題ではない」

 さらに、ドイツのサッカー専門誌『Kicker』が「ふてぶてしくも賢いゴールだった」と冷静なフィニッシュを称えれば、フランスのスポーツチャンネル『beIN Sports』は、「フェルスターの良質なアシストをエンドウが締めくくった。なんて素晴らしいアクションなんだ」と絶賛している。

 まさに圧巻のパフォーマンスを披露した遠藤。腕章が早くも板についている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
加入4日目の久保建英、いきなり61分から出場に大歓声! マジョルカ復帰戦で観衆を沸かせ、FKも担当
「あの2か国からはボールを奪えない」“デュエル王”遠藤航がこぼした驚きの言葉に世界との差を感じた【東京五輪】
なぜマジョルカは久保建英をチーム最高年俸で迎え入れたのか? 番記者が明かすピッチ内外の思惑【現地発】
メッシが投稿した初練習&挨拶回り動画が2500万回再生超の大反響! S・ラモスとの熱いやり取りに「数日前までは不可能だった」
「涙が出てくる」久保建英の練習合流&戦友再会動画が大反響!「楽しそうで見てる方も楽しくなる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ