【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】“久保に近い才能”を持つFWをエース候補に! 怪物CBの伸びしろに期待

カテゴリ:日本代表

吉田太郎

2021年07月31日

久保は東京大会で五輪に未練がなくなるほどの活躍を…

吉田氏が予想するパリ五輪の基本布陣。

画像を見る

 現在U-24日本代表が躍進を続けている東京オリンピック。ここから3年後、2024年にはパリ五輪が開催される。

 若い選手の台頭が著しい日本サッカーにおいて、次にどんな有望な選手が日の丸を背負うことになるのかは誰しもが気になるところだ。ここでは、育成年代に詳しいライターの吉田太郎氏に、パリ五輪の布陣を、主に現U-17~U-20代表(2001~2004年生まれ)のメンバーから選んで予想してもらった。

――◆――◆――

 パリ五輪世代のU-20代表候補では、Jリーガーと大学生の“逆転現象”が起きている。新型コロナウイルスの影響によって国際大会が中止となり、現在できる強化の一環として国内キャンプで大学生を大量招集。トレーニング、練習試合を取材したが、高校卒業時にはプロ入りを果たせなかった大学生たちが、代表組のJリーガーを“食っていた”印象だ。
 
 Jリーグで出場機会の少ない選手たちのコンディションの悪さが目立つ一方、練習試合でU-20代表候補に連勝した全日本大学選抜を含めて大学生がアピール。これまで年代別日本代表の中心だった選手も、出場機会を得られなければ代表定着は難しい。そのため、今回は今年クラブで出場機会を掴んで活躍、進化している選手を中心にパリ五輪メンバーを予想した。

 東京五輪はプロ入り2年目の大卒選手、MF三笘薫やMF旗手怜央、MF相馬勇紀、FW林大地がメンバー入り。FW上田綺世も大学経由での東京五輪出場だ。パリ五輪はふたたびU-23で実施されるため同条件とは言えないが、パリ五輪メンバーにも大学サッカー経験者が食い込む可能性は十分にある。ともに2019年U-17ワールドカップメンバーで、全日本大学選抜として出場したU-20代表候補戦で特長を発揮していたMF山内翔(筑波大)とMF光田脩人(早稲田大)はとくに注目だ。
 
【関連記事】
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】チームの核は世代筆頭格の鳥栖ボランチ! 尚志高の規格外DFも
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】
【ニュージーランド戦のスタメン予想】林が先発に復帰か。酒井が出場停止の右SBは?/東京五輪
【準々決勝展望】日本×NZ|欧州ビッグクラブ注目の逸材と同僚・橋岡大樹の対決がカギ!/東京五輪
「いったいなにが起こっている!」出揃った五輪ベスト8の顔ぶれに海外衝撃!「日本がもっとも盤石」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ