【J1採点&寸評】徳島2-1G大阪|9試合ぶり先発で最高のパフォーマンス! 西谷を文句なしのMOMに!

カテゴリ:Jリーグ

岡本浩行

2021年08月10日

徳島――後半戦最高のスタートを切る!

【警告】徳島=岸本(9分) G大阪=三浦(29分)、矢島(40分)、キム・ヨングォン(61分)、L・ペレイラ(63分)
【退場】徳島=なし G大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】西谷和希(徳島)

画像を見る

[J1リーグ23節] 徳島2-1G大阪/8月9日(月)/鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

【チーム採点・寸評】
徳島 6.5
休養十分の反面、試合感が薄れていることが懸念されていたが、多くの選手の動きはキレキレだった。攻守のバランスも良く、注目の西谷も絶好調で、残留の危機を迎えている徳島を勝利に導いた。後半戦最高のスタートを切った。

【徳島|採点・寸評】
GK
31 長谷川徹 7
今季初スタメン。39分、チュ・セジョンのFKに頭で合わせたL・ペレイラのシュートを横っ飛びで防ぐなど、好セーブを連発した。後半終了間際にカウンターから失点したが、それも払しょくする活躍を見せ、勝利に大きく貢献した。

DF
4 ジエゴ 6.5
自陣での空中戦を幾度となく制し、持ち場の左サイドも集中して堅守した。攻撃面では、前線への縦パスが冴え、起点となった。

3 ドゥシャン 6
G大阪の縦へのロングパスに対するポジショニングが良く、裏を取られる場面が少なかった。FKなどでは、高さを生かした攻撃参加も多く見られた。

14 カカ 6
終始、最終ラインを安定させていた。セットプレーの流れから、敵陣深くでドリブルで仕掛け、シュートも見せた。
 
MF
15 岸本武流 6.5
早い時間にイエローカードを受けて、次節出場停止となってしまう。前半アディショナルタイムには、西谷の今季初ゴールをアシストした。

23 鈴木徳真 6(82分OUT)
セカンドボールへの対応が早く、危機を未然に防いでいた。岩尾との連係も良く、好機と見れば敵陣深くまで切り込んで効果的なラストパスを出していた。

8 岩尾 憲 6.5
29分、敵陣左サイド45度からのFKを、ニアサイドに走り込んだ宮代の頭に合わせて先制ゴールをアシスト。精度の高いキックを見せた。

45 杉森考起 6.5(82分OUT)
キレキレの西谷とともに、前線でのプレーが多かった。ゴールを決めるには至らなかったが、西谷との連係でゴールが生まれる日も遠くないだろう。
 
【関連記事】
【五輪代表 全22選手の通信簿】最高のS評価は4人。厳しい査定となった3選手は…/東京五輪
「日本の皆さん、ありがとう」スペイン五輪代表アセンシオ、“お辞儀”でおもてなしに感謝綴る【東京五輪】
「伸二は唯一無二の存在」。坪井慶介が日本代表・歴代最強ベスト11を選ぶうえで小野をそう称賛した理由は?
「この男が我々を誇らしくした」吉田麻也の東京五輪での振る舞いをサンプドリア公式が称賛! ファンも同調「偉大な戦士だ」
「あの2か国からはボールを奪えない」“デュエル王”遠藤航がこぼした驚きの言葉に世界との差を感じた【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ