「この男が我々を誇らしくした」吉田麻也の東京五輪での振る舞いをサンプドリア公式が称賛! ファンも同調「偉大な戦士だ」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月09日

ピッチ内外でリーダーシップを発揮

3位決定戦後、泣きじゃくる久保(7番)を慰める吉田(左)。(C)Getty Images

画像を見る

 悲願のメダルには、一歩及ばなかった。その悔しさは大きい。だが、東京五輪の男子サッカーにおけるサムライブルーの歩みは、多くの人を誇らしくさせたはずだ。

 それは、日本の人たちだけではない。選手を派遣するクラブも、大会での活躍に胸を張っている。例えば、キャプテンを務めた吉田麻也が所属するサンプドリアもそのひとつだ。

 オーバーエイジ枠で出場した吉田は、東京五輪の全6試合にフル出場し、主将として、リーダーとしてチームを支えた。だが、日本は準決勝で延長戦の末にスペインに敗れると、3位決定戦ではグループステージで勝利したメキシコに1-3と黒星。53年ぶりのメダル獲得には届かなかった。

 大会前の無観客開催に関する発言から、メキシコ戦終了後に号泣した久保建英ら若きサムライたちのサポート、後を継ぐ後輩たちへの檄など、ピッチ内外で吉田はリーダーシップを見せてきた。

【PHOTO】マイアミの奇跡!グループリーグ突破!ベスト4!歴代五輪代表の激闘を激選ショットで振り返る!
 その振る舞いに、サンプドリアも賛辞を寄せている。東京五輪が閉幕した8月8日、クラブは英語版公式ツイッターに吉田の顔写真を投稿。「この男は我々を誇らしくさせてくれた」と添えた。

 投稿には「偉大な戦士だ」「絶対のレジェンド」「素晴らしい人間」といった称賛のリプが寄せられている。古巣サウサンプトンのファンと思われる人物もいるようだ。

 イタリアに移籍して以降、コロナ禍とロックダウン、過密日程のシーズン、そして代表戦と、息つく間もなく戦い続けてきた吉田には、わずかでも休息が必要だ。だが、23日のミラン戦でセリエA開幕を控えるサンプドリアは、頼りになるベテランのできるだけ早い帰還を待っていることだろう。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦 53年ぶりのメダル獲得とはならず...
【関連記事】
「願うことしかできなかった…」絶好調・堂安律に弱音を吐かせた大会前の異変。「もうこういう思いはしたくない」【東京五輪】
「あの2か国からはボールを奪えない」“デュエル王”遠藤航がこぼした驚きの言葉に世界との差を感じた【東京五輪】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
メキシコの手のひらで踊らされ…。泣き崩れた久保に象徴されるバッドエンド【東京五輪/編集長コラム】
「来週には完了させたい」冨安健洋のトッテナム行き交渉は、五輪終了で最終局面へ。英メディアが報じる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ