「俺はのほほんとしてられへんねん!」頭角現わすFW林大地、プロ入り前の“叫び”に母校恩師が確信した想い【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2021年08月06日

「決して器用な選手ではなかったけど、ゴールを目指す貪欲さは凄まじいものがあった」

U-24日本代表の前線で台頭する林。メキシコ戦で銅メダルを引き寄せるゴールはなるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 メンバー発表時点でFW林大地は正式メンバーではなく、バックアップメンバーだった。だが、大会のエントリー枠が18から22になり、正式なメンバーになると一気にFWの一番手にのし上がり、初戦の南アフリカ戦でスタメン出場を果たすと、第2戦のメキシコ戦でもスタメン出場し、献身的な守備と前線の起点として日本の勝利に貢献をした。決勝トーナメントでは準々決勝のニュージーランド戦、準決勝のスペイン戦でもスタメン出場。今やU-24日本代表のストライカーとして君臨し続けている。

「スペインは強かった。その中で大地は前線でポイントになるプレーはできていたけど、相手はかなりコンパクトに戦ってきたし、かつラインコントロールも繊細だったので、オフサイドになるシーンが多かった。そこをもっと上回る駆け引きをこれから身につけるべきだと思います」
 
 こう語るのは林の履正社高校時代の恩師・平野直樹監督だ。平野監督は林の抜擢と今大会の活躍についてこう続けた。

「彼の前からの献身的な守備は後ろの選手にとって大きいと思いますし、日本は久保選手や堂安選手など2列目にタレントが揃っているの、林のように動いてくれるし、起点にもなってくれるし、彼らが前向きの状況でボールを受けられるので、うまく全体とマッチしていると思います」

 林はガンバ大阪ジュニアユース出身。この時のG大阪ジュニアユースは3冠(JFAプレミアカップ、日本クラブユースサッカー選手権U-15、全日本ユース(U-15)選手権)世代というかなりの力を持った代だったがゆえに、林は定位置をつかめず、ユースにも昇格できなかった。

「決して器用な選手ではなかったけど、ゴールを目指す貪欲さは凄まじいものがある。当時はその前への推進力をサイドで活かそうと思って、1年の時から3トップの右に置いていました」

 平野監督はこの時、4人の1年生をスタメンに起用をしていた。その4人の中に林、DF田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)、MF牧野寛太(長野パルセイロ)がいた。4人全員がG大阪ジュニアユース出身でユースに上がれなかった選手たち。

「彼らは1年の時からそれぞれの特徴を持っていて、ボールをきちんと繋げるし、運べる選手たちだった。『俺たちで全国の頂点とってやろう』と1年の時から口にしていて、本当にギラギラしていた」
 
【関連記事】
ガンバではユース昇格ならず…“ビースト”林大地の闘争心に火をつけた履正社の仲間たち【五輪代表エピソード】
中学時代、レギュラーではなかった林大地が世界大会決勝でスタメンに抜擢されると…。【東京五輪メンバーのルーツ探訪】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
53年ぶりの銅メダルを懸けた大一番!今大会二度目のメキシコ戦は総力戦の様相…注目すべき選手、局面は?【東京五輪】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ