「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性

カテゴリ:国際大会

セルヒオ・サントス

2021年08月05日

スピードと軽やかなボールさばきが目を引いたと評したのは?

果敢にスペインへ挑んだ久保。試合後は呆然とした表情で座り込んだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本はスペイン相手に大健闘を見せた。

 スペインは強い。本調子ではないと言っても、日本戦のスターティングメンバ―11人のうちEURO準決勝のイタリア戦に先発出場した選手が6人を占める。純粋な戦力値を見れば、今大会最強と言って過言ではない。日本はそんなチームに対して最後まで食い下がった。

 試合は時間帯によって何度か形勢が入れ替わった。最初の20分間は、日本の消極的な姿勢が目立った。開始5分にミケル・メリーノのヘディングシュートを機にスペインが攻勢をかけてくると警戒したのかもしれないが、引いて守る戦い方は日本の本来の形ではない。しかし20分を過ぎたあたりから、形勢が逆転。日本が徐々に盛り返し、相手ゴールに迫る機会も増えた。
 
 この試合でもオーバーエイジトリオの活躍が光った。ヨシダ(吉田麻也)は壁として君臨し、エンドウ(遠藤航)はペドリ、サカイ(酒井宏樹) はダニ・オルモとそれぞれスペインの攻撃のキーマンを封じ込んだ。

 いつものように攻撃の頼みの綱はタケ・クボ(久保建英)とドウアン(堂安律) だった。とりわけタケは何度かスペインゴールに強襲した。なかでも後半、ウナイ・シモンにセーブされたとはいえ、ニアサイドを狙った強烈な左足のシュートはヒヤリとさせられるシーンだった。

 その後半も、基本的に前半と同じ流れだった。日本が慎重に試合に入り、スペインの攻撃を受け止められると判断すると、反撃に転じ、終盤何度かチャンスを得た。

 延長戦に突入した後も、スピードと軽やかなボールさばきが目を引いたミヨシ(三好康児)を中心に日本が押し込んだ時間帯もあった。しかしまさにその最中に後半途中出場のマルコ・アセンシオの黄金の左足が炸裂。一方の日本はドウアンとタケがすでにピッチを去っていた。あの時間帯(115分)にスタメンから出ずっぱりの選手があのようなパワーもクオリティも詰まったプレーを見せるのは難しく、控えメンバーの差がそのまま結果になって表れたと言える。

 試合後、わたしはミックスゾーンで取材をし、タケからも話を聞くことができた。その場に現れた彼は敗戦直後にもかかわらず、われわれスペイン人の記者団の前に立ち止まり、質問に答えてくれた。

 さすがにショックの色がありありで、終始うつむき加減だったが、その表情にタケの内に秘めた闘争心を感じた。われわれの認識からすれば日本が準決勝まで駒を進めたという事実だけで快挙と言える。ましてや敗れたと言っても相手はスペインで、しかも延長戦の末だ。しかしタケはそんな様子をおくびにも出さずに、悔しさを噛み殺し、言葉を紡いだ。

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む... 
 
【関連記事】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
日本では考えられない? スペイン監督の会見後に始まった“深夜の撮影会”【東京五輪】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
懸念される燃え尽き症候群。メキシコとの3位決定戦の意義はあるのか【東京五輪/編集長コラム】
「限界を超えた批判がある」一振りで日本を沈めたアセンシオ、戦いの裏での壮絶な苦悩を明かす【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ