「俺はのほほんとしてられへんねん!」頭角現わすFW林大地、プロ入り前の“叫び”に母校恩師が確信した想い【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2021年08月06日

正式メンバーになって平野監督に送ったメールには「ぶちかましてきます」

当初はバックアップメンバーだった林は、登録枠のレギュレーション変更により正式メンバーに。母校の平野監督にも決意の言葉を送っていた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 当時、まだ林はプロ入りが決まっていなかった。ユニバーシアードで得点王を取るなど、結果は出していたが、ユースに昇格できなかった中学時代、プロから一切声がかからなかった高校時代を経験し、彼の中では危機感ともっと成長しないと目標とするものは掴めないという教訓がずっと心に宿っていた。
 
「俺はお前らみたいにのほほんとしてられへんねん!」

 この叫びを聞いた平野監督は、「あいつなら絶対にプロになって活躍をする」と確信したという。そしてその思い通り、林はサガン鳥栖に入り、1年目からブレイク。2年目でエースストライカーとなり、東京五輪代表にも滑り込みで候補メンバーに入った。

 当初、バックアップメンバーになった時に、平野監督は「これもいい経験だから、いろんなものを吸収してこいよ」とメッセージを送ると、林からは「頑張ります」という言葉が返って来た。そして、冒頭で触れたように正式メンバーなった時、林は平野監督にこうメールを送っている。

「ぶちかましてきます」

 シンプルだがその言葉にはとてつもないエネルギーが込められていた。今大会、林は献身的な守備と前線の起点となる働きで、間違いなく主軸となっている。だが、まだゴールを決めた後の雄叫びは見られていない。

 U-24日本代表の東京五輪は残すところメキシコとの3位決定戦となった。53年ぶりのメダルをかけた重要な一戦で、彼の「高校時代から変わらない」(平野監督)という魂の雄叫びを見ることができるか。そして、そのゴールが日本を銅メダルへと導くのか。

 大きな期待とともに、飢えに飢え続けるビーストの成長物語はまだまだ続く――。
 
【関連記事】
ガンバではユース昇格ならず…“ビースト”林大地の闘争心に火をつけた履正社の仲間たち【五輪代表エピソード】
中学時代、レギュラーではなかった林大地が世界大会決勝でスタメンに抜擢されると…。【東京五輪メンバーのルーツ探訪】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
53年ぶりの銅メダルを懸けた大一番!今大会二度目のメキシコ戦は総力戦の様相…注目すべき選手、局面は?【東京五輪】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ