ガンバではユース昇格ならず…“ビースト”林大地の闘争心に火をつけた履正社の仲間たち【五輪代表エピソード】

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2021年07月08日

中3になっても思うように出場機会を得られず、ユースにも昇格できなかった

U-24日本代表に選出された林の履正社高時代。3年のインターハイでは、強豪の流経大柏も破った。写真:安藤隆人

画像を見る

 獰猛な『ビースト』が東京五輪最終メンバーに滑り込んだ。昨年、大阪体育大からサガン鳥栖に加入すると、前線でポストプレーから裏抜け、そして2列目でボールを受けて展開をしてからゴール前に飛び込むなど、万能的な能力を発揮したことで、みるみるうちに鳥栖のエースストライカーとして君臨。9ゴールをマークし、ブレイクの時を迎えた。今季はポストプレーを得意とする山下敬大との2トップのコンビがハマり、チャンスメーカーとしてもプレーの幅をさらに広げている。

 こうした成長ぶりが森保一監督の目に留まり、3月の五輪代表シリーズで堂安律の負傷辞退を受けて、追加招集という形で初招集されると、アルゼンチン戦で圧巻の裏抜けゴールを突き刺し、自らの力でチャンスを掴み取った。6月の合宿にも招集され、当初はバックアップメンバーだったが、最終的には本戦メンバーに入った。

『ビースト』。これは鳥栖の前線でゴールへの執着心剥き出しに突き進む彼のプレースタイルを見て、獰猛な野獣のようだとつけられたあだ名だ。

 今思えば、このビーストの片鱗は高校1年生の時から持っていた。彼のプレーを最初に見た時、「常に何かを狙っている男だな」と感じた。その『何か』とは、もちろんゴールやドリブルを仕掛けるタイミングなど、プレー面での違いにも関係していたが、ピッチ上での佇まい、発するオーラは明らかに他の選手と異なっており、周りとは異質なものを持っていた。
 
 目つきが鋭く、ボールに対する執着心も人一倍あり、特にイーブンボールに対する反応と迷いのなさ、そして身を呈しながらもマイボールにする気迫は、ピッチ外から見ていてもグッと引き込まれるものがあった。

 そこには当然、彼の反骨心があった。「ユースに上がった選手には絶対に負けたくないんです」と話していたように、ガンバ大阪ジュニアユースでプレーするも、1学年下の堂安律がすでにユースチームに絡んで活躍をする中、中3になっても思うように出場機会を得られず、ユースにも昇格できなかった。この悔しさが根底にあるのは間違いない。

 だが、それだけではない。地元大阪の高校サッカーの強豪校である履正社高の門を叩いたが、ここには同年代の志をともにするライバルが多く揃っていた。G大阪ジュニアユースからやってきたMF牧野寛太(現・長野パルセイロ)、田中駿汰(現・北海道コンサドーレ札幌)、川畑隼人(現・Honda FC)など、同じユースに昇格できなかった悔しさを持つハイレベルな同志たちが揃っていたことで、彼の闘争心にはさらに火がついていた。

「みんなで巻き返す。履正社に来たことが間違いではなかったことを僕らで証明していきたい」

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
全盛期のPL学園野球部で春夏準優勝… 旗手怜央、父から譲り受けた身体能力と、人生を照らした言葉【五輪代表エピソード】
16歳の堂安律に衝撃を与えた韓国のエース。「無力さを感じた」痛恨の敗戦から磨き続けた個の力【五輪代表エピソード】
【五輪代表エピソード】「正直、『逃げた』部分もあります」三笘薫はなぜ筑波大経由でのプロ入りを選んだのか?
「さすがビースト!!」貪欲にゴールを狙ったU-24代表・林大地に喝采!「めちゃくちゃストライカーの動き」
【東京五輪代表のスタメン予想】OAに久保、堂安ら8人はほぼ不動。最も予測が難しいのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ