「俺はのほほんとしてられへんねん!」頭角現わすFW林大地、プロ入り前の“叫び”に母校恩師が確信した想い【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2021年08月06日

「あいつ凄いな。ちょっと物が違うし、絶対プロになるわ」四中工・樋口士郎監督(当時)

高校時代は1年次から定位置を獲得。ユース昇格を果たせなかった悔しさもバネに這い上がった。写真:安藤隆人

画像を見る

 林もゴールに対してどこまでも貪欲だった。フィジカルとアジリティーを駆使して右サイドから縦への突破とカットインを駆使して、何度も仕掛けていく。その表情は1年の時から鬼気迫るもので、後にビーストと呼ばれる片鱗を見せていた。

「彼が高2の時に四日市中央工と練習試合をした時にセンターフォワードが怪我をしていたので、4-4-2の2トップの一角で林を使ったら、もう1人、2人を引きずっていくようなドリブルでどんどん仕掛けていたんです。そうしたら四中工の樋口士郎監督(現・三重県テクニカルダイレクター)が『あいつ凄いな。ちょっと物が違うし、絶対プロになるわ』と絶賛してくれた。そこで中央も十分できるなと思いましたね」
 
 着実に成長を遂げた林だったが、高校卒業時はプロから声がかかることはなかった。さらに関西学院大に進もうとするも落とされ、平野監督の繋がりで大阪体育大に進学するなど、周囲の評価はそこまで高いわけではなかった。

「私の力不足なのか、もっと評価をされていいとは正直思っていました。ただ、プロは呼ばれて行くものであって、こちらからお願いして行くものではないと思っているので、彼には大学進学を勧めました。大事なのはプロになることではなく、プロに行って10年以上はそこで飯を食えないといけないと思っているので、大学でしっかりと鍛えてそこからでも遅くはないと思いました」

 この選択は正解だった。大阪体育大ではセンターフォワードとして起用され、フィジカルとポストプレーなどが磨かれ、よりゴールへの獰猛さも増した。そして何より彼自身が自分の成長に対してとことん飢えていた。

 平野監督には印象的なエピソードがある。それは林が大学3年の時の正月に履正社に初蹴り(新年初のサッカー)に他の同級生OBとやってきた時だった。林たちの世代が中心となったチームと、新チームのレギュラー組と試合を行なったのだが、笑顔でサッカーを楽しむOBたちの中で林はただ一人本気でプレーし、ハットトリックを達成した。

 試合中、後輩たちから「あの人えぐい」という声が出る中、OB組の周りからは「そんな後輩相手にムキになるなよ~」といじられたが、林は大きな声で「俺には時間がないんや!」と叫んだ。
 
【関連記事】
ガンバではユース昇格ならず…“ビースト”林大地の闘争心に火をつけた履正社の仲間たち【五輪代表エピソード】
中学時代、レギュラーではなかった林大地が世界大会決勝でスタメンに抜擢されると…。【東京五輪メンバーのルーツ探訪】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
53年ぶりの銅メダルを懸けた大一番!今大会二度目のメキシコ戦は総力戦の様相…注目すべき選手、局面は?【東京五輪】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ