中学時代、レギュラーではなかった林大地が世界大会決勝でスタメンに抜擢されると…。【東京五輪メンバーのルーツ探訪】

カテゴリ:日本代表

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年07月28日

世界大会の決勝でスタメンに抜擢されると…

大阪体育大時代の林。3年次の関西サッカーリーグ1部では22試合・24得点と圧倒的な成績を残した。写真:滝川敏之

画像を見る

 東京五輪で悲願の金メダル獲得を目指すU-24日本代表。全世界注目の戦いに挑んでいる彼らは、この大舞台に辿り着くまでどんなキャリアを歩んできたのか。

 ここで取り上げるのは林大地だ。ガンバ大阪ジュニアユースに所属していた中学時代はレギュラーではなかったが、当時から勝負強さは際立っていた。それを象徴するエピソードが――。

――――――――――――◆―――――――――――――◆――――――――――
 
 先述したとおり、G大阪Jrユース時代、林はレギュラーではなかった。ムードメーカーとしてはチームの中心にいたものの、試合になると……。当時指導していた鴨川幸司(現FCティアモ枚方アカデミーダイレクター)曰く「細くてフィジカルが強くなかった」ので、ベンチで過ごす時間のほうが長かったという。

「技術がすごくあるわけではなく、足もそんなに速くなかったです。目立った特徴はなかったように思いますね。どちらかと言うと地味でした」(鴨川)

 同期には、市丸瑞希(現・琉球)、髙木彰人(現・群馬)、初瀬亮(現・神戸)、田中駿汰(現・札幌)ら実力者がいて、1学年下には堂安律(現PSV)、食野亮太郎(現リオ・アヴェ)ら逸材が揃う。

 この中でスタメンを勝ち取るのはなかなか難しかった。

 では、林はG大阪Jrユース時代にインパクトを残せなかったのか。いや、そんなことはない。今の彼を象徴するようなエピソードがひとつある。中学3年生の時、チームが日本の代表として参加した世界大会での話だ。鴨川はこう述懐する。

「順調に決勝まで勝ち上がって、ファイナルはそこまでに敗れた全チームの選手たちが見守るなか立派なスタジアムで行なわれました。その試合を前に怪我人が出たので、控えメンバーだった大地を急きょスタメンに抜擢しました。そうしたら見事なゴールを奪って。勝負強さには感心しました」
 
【関連記事】
【U-24日本2-1U-24メキシコ|採点&寸評】4人が7点台の高評価! MOMは久保でも堂安でもなく…
「あるまじき振る舞いだ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”を母国記者が糾弾!「いろんな意味で壊滅的な一日」【東京五輪】
「これが安心安全にプレーできる環境か」吉田麻也は海外記者からの問いに何と答えた?
「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】
「こんなに強かったのか…」電光石火2発のU-24日本代表にメキシコ紙が絶句!「恐怖のクボ」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ