次戦出場停止の酒井宏樹の代役は? 市川大祐が見たフランス戦。「個」の局面で大きな進歩を実感した【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月30日

吉田麻也選手の存在が非常に大きい

フランス戦では得点も記録し、絶大な存在感を発揮している酒井。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本は、フランス戦を4-0で快勝し、決勝トーナメントへ進出しました。

 試合のなかでは、これまで以上にコンパクトさが保たれ、どうすればやれないか、どうすればチャンスを作れるか意志統一され、バランスの取れた戦いが出来ている印象を受けました。

 無失点で終えられた守備のところでも、それほど大きなピンチもなく、ヒヤリとしたのは65分のFKの場面くらい。それ以外のところで危ないシーンはほとんど見られませんでした。

 今回、負傷でここまでの2試合でベンチ外となっていた冨安健洋選手が戻ってきて、そこまで相手に押し込まれてしまう苦しい状況は多くなく、実戦経験を積み、身体を試合に慣れさせられたのも良かったですね。

 さらに守備陣の経験と言いますか、落ち着きのある対応にも感心させられました。やはり吉田麻也選手の存在が非常に大きいのではないでしょうか。

 むやみに飛び込むということも無かったですよね。酒井宏樹選手が、相手選手に長い距離をドリブルで運ばれた時も、吉田選手が対応。相手のスピードを吸収するような形で、無暗にボールに対して寄せに行きませんでした。それは、中央へパスを出されても大きなピンチになるような状況ではない、時間をかけてしっかり守ろうということを判断した上での的確な対応でした。

 その場面では、酒井選手も全力で追いかけいて、中盤の選手たちも全力で戻り、ディフェンスがピンチに晒されるようなシーンを作らせない。そういう状況がしっかり見えているからこそ、プレーの判断ミスがほとんどなかった。吉田選手をはじめとした守備陣の経験値を感じました。
 
 冨安選手も、上田綺世選手のバックパスがずれた場面で、少し焦って強く行きすぎてしまい入れ替わってしまったり、ファウルを与えてしまったりということが一般的には多いなか、素早くステップを踏んで、その状況を上手く回避していました。経験値や落ち着きとともに、フィジカル的にも、スピードでも負けていなかった。

 前述のシーン以外にそこまで2センターバックが相手とバチバチ対峙するようなシーンが多くなかった。それは、後ろからの指示や、そういうシーンを作らせないようなポジショニング、コーチングで前の選手たちを動かすことが出来ているからです。さらに、前の選手たちの個人での判断、経験というところが本当にうまく噛み合って、試合をやるごとにチームの完成度が高くなっていく印象を受けます。
 
【関連記事】
「いったいなにが起こっている!」出揃った五輪ベスト8の顔ぶれに海外衝撃!「日本がもっとも盤石」【東京五輪】
「失敗に終わった」西野監督解任に韓国メディアが言及。タイ国内では「ベトナムより下」と嘆き
「韓国は本当に厄介者だ!」メキシコ紙の“弱気発言”に韓国メディアがニンマリ!?「重圧を感じている」【東京五輪】
「五輪の全試合でハットトリックを達成しても…」英メディアが久保建英の去就を解説!「マドリーの損失は他クラブの利益」
「どう考えても一番強い!」米CBSが五輪パワーランキングで日本にトップ評価! かたや復活した韓国には…【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ