【J1採点&寸評】徳島0-1横浜|MOMは五輪代表の快足アタッカー!ビッグプレーで窮地を救ったDF畠中も高評価

カテゴリ:Jリーグ

岡本浩行

2021年06月28日

徳島――久々のスタメン3選手が最少失点に貢献

【警告】徳島=なし 横浜=なし
【退場】徳島=なし 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】前田大然(横浜)

画像を見る

[J1リーグ20節]徳島0-1横浜/6月27日(日)/鳴門・大塚

【チーム採点・寸評】
徳島 5.5

前節までの最終ラインの不調を踏まえてか、助っ人ふたりをスタメンから外した。中盤のプレスでボールを奪うも短いパスの精度が悪く、ミスを突かれてのカウンターで攻め込まれる時間が続き、アンラッキーなオウンゴール1点に沈んだ。

【徳島|採点・寸評】
GK
21 上福元直人 5.5

セーブ、フィードともに安定していた。アンラッキーなオウンゴール以外は、危ない場面は少なかった。

DF
15 岸本武流 5.5

マッチアップした横浜・前田にやや振り回されていた感が否めない。終始守備に追われ、武器のオーバーラップはなりを潜めた。

14 カカ 5.5
52分、セットプレーの攻め残りから垣田のスルーパスでキーパーと1対1のチャンスを得るが、オフサイドの判定に。
 
20 福岡将太 6
5試合ぶりのスタメン出場。球際に強く、最終ラインを落ち着かせ、最少失点に抑えた。

2 田向泰輝 6
7試合ぶりの先発出場。1対1の対応が強く、ボランチと上手く連係しながらのオーバーラップも適宜見せた。

13 藤田譲瑠チマ 6(65分OUT)
8試合ぶりのスタメン出場。時折見せる縦へのスルーパスが、最終ラインの裏のスペースを突く場面も。

8 岩尾 憲 6
丁寧なパスやピンチでのプレスは安定感抜群。強いて言えば、下がって相手を引き込んだ後の縦パスがもっと欲しかったところだ。
 
【関連記事】
【J1】鹿島がJ1史上初のホーム通算300勝を達成!2位横浜が川崎を追走する4連勝、小泉佳穂が決勝弾の浦和が5位浮上
底が見えないユーティリティ性だ…リカルドレッズの“エンジン”明本考浩の可能性
「日本人は閉鎖的」武漢所属の元G大阪アデミウソンが日中の違いを明かす! 中国は「外から来た人にとっては助かる」
「川崎は予想通りに強かった」逆転負けの大邱指揮官が語ったJ王者の印象「こんなことが起こらないようにしないと…」
「夫婦揃っての素敵な写真」原口元気の“犬旅”にファン反応!「日本満喫してください」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ