「日本人は閉鎖的」武漢所属の元G大阪アデミウソンが日中の違いを明かす! 中国は「外から来た人にとっては助かる」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月28日

「パンデミックが始まった場所でプレーすることで…」

昨季途中まで所属したG大阪でゴールを量産したアデミウソン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 元ガンバ大阪で現在は中国2部の武漢三鎮でプレーするブラジル人FWアデミウソンが、中国の現状や日本との違いなどを語った。母国メディア『uol』が6月26日付けで伝えた。

 アデミウソンは、名門サンパウロから2015年に横浜F・マリノスに加入。翌年からはガンバ大阪に移り、攻撃を牽引していたが、20年の10月に事件酒気帯び運転で人身事故を起こし、12月に契約解除を言い渡されていた。
 
 そして今年2月、27歳の点取り屋が再起の地として選んだのが武漢だった。新型コロナウイルスの発症が最初に確認された地とあって、契約前は「怖さもあった」というが、街は徐々に日常を取り戻し、サッカーの試合でも観客を呼べるまでになっているようだ。アデミウソンは決断の裏側をこう明かしている。

「武漢と契約する前は正直なところ、『中国だから怖い』と思っていたが、クラブのメンバーが状況がよくコントロールされていると教えてくれたので、だいぶ落ち着いた。中国は僕をとてもよく受け入れてくれた。

 現在、ショップ、レストラン、クラブ、バーなどは通常通り営業している。そのなかで強制ではないにもかかわらず、僕たちはマスクを着用し続け、常に体温をチェックし、コロナテストも必ず行なう。パンデミックが始まった場所でプレーすることで、希望をもたらし、世界の状況がいつかは改善されると示すことができるんだ」
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「国外に出て、日本や韓国に勝てない理由が分かった」中国のエースが明かした“アジア2強”との違い「ニッポンは海外組だけで…」
「53倍も価値がある相手に…」C大阪対広州FC戦を中国メディアはどう見た?「レベルに差があった」
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
ベイル、完敗直後のインタビューを怒りの打ち切り!指揮官は同情「無神経な質問だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ