キルギス戦でテストされた“トップ下・原口”は有効なオプションになるか

カテゴリ:連載・コラム

河治良幸

2021年06月16日

「真ん中でのプレーはすごく気に入っていて、すごく面白い」

キルギス戦はトップ下で起用された原口。溌剌としたプレーは鳴りを潜め、大人しかった印象だが、今回のプレーをポジティブに見ることもできる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 3週間に及ぶA代表の活動の締めくくり、そして2次予選のラストとなるキルギス戦はおもに国内組が大いにアピールする形で5-1の勝利を飾った。

 オナイウ阿道のハットトリックで3点をリードした後、キルギスの攻勢に守備がバタバタする形から守田英正のファウルでPKを献上。タジキスタン戦に続く失点を喫するなど、チームとしての反省材料が無かったわけではない。

 しかしながら、これまであまり出番の無かったフレッシュなメンバーが、2次予選で最も強い相手と森保一監督も警戒していたキルギスを相手に、積極的なサッカーで5バックのキルギスに5得点できたことは、最終予選に向けても良い意味で競争が活性化することを予感させる。

 そのなかで、4-2-3-1のトップ下で起用された原口元気に関しては、評価が分かれる部分もあるだろう。山根視来のクロスにオナイウが合わせようとして、相手のハンドを誘った1点目につながるシーンは原口が起点となっていたし、小川諒也のクロスにオナイウが合わせた3点目も、原口からの展開で小川が前を向くことができた。

 ただし、61分に古橋亨梧との交代で退くまで、直接ボックス内でフィニッシュに関わるプレーや、得意のドリブルでディフェンスを破るような溌剌としたプレーが鳴りを潜めていたのは確かだ。特に交代で入った古橋が推進力を前面に押し出して浅野拓磨とともに相手ディフェンスの脅威になっただけに、大人しい印象になったのも確かだ。

 しかしながら今回のプレーをポジティブに見ることもできる。ハノーファーではトップ下あるいはインサイドハーフとして、これまでのサイドアタッカーとは異なるプレーを見せて新境地を開拓していた原口は、キルギス戦を前に「真ん中でのプレーはすごく気に入っていて、すごく面白い」と語っていた。
 
「トップ下ではいろんな仕事ができるので、サッカー選手としての深みは出てきていると思っているんですけど、代表ではサイドなので。フィジカル的にも戦術的にも多くのことが違うので。どっちも高い水準でプレーできないといけないと思っている」

 そう語る原口はハノーファーでのプレーについて「以前のプレーとはすごく異なっていて、無闇にスプリントするとかではなく、常に良いポジションを取りながらチームがどう上手く回るかを考えてプレーできていた」と振り返る。おそらく新天地となるウニオン・ベルリンでもインサイドから遠藤渓太のようなサイドアタッカーを生かす役割が求められるだろう。

 そうしたクラブの環境で得たものを発揮できるチャンスがキルギス戦だった。原口も「おそらくボールを持てるシーンが多いので、リスクをかけられるところではチャレンジして、そのなかで1本2本成功させたい」と語っていたが、実際は原口本人がそうしたシャカリキさを押し出すよりは、オナイウや坂元達裕、山根など周りの選手たちが持ち味を発揮するためのお膳立てがメインになった。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】キルギス戦よりEUROを見たほうが面白いよ。ハットのオナイウもアピールできたと勘違いしてはいけない
金田喜稔がキルギス戦を斬る!「看過できない川辺の奪われたあとの振る舞い。次をイメージしていたのか」
どうした原口元気。キルギス戦で見受けられた違和感【編集長コラム】
「日本とは天と地ほどの差が…」森保ジャパンの強さに敵国キルギスのファンも脱帽!「中学生が小学1年生と遊んでるみたいだ」
「最高かよ」吉田麻也が投稿したU-24代表の3ショットにファン大興奮!「名古屋の最高傑作たち」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ