どうした原口元気。キルギス戦で見受けられた違和感【編集長コラム】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年06月15日

トップ下起用もどこかおとなしい印象だった

キルギス戦でノーゴールに終わった原口。もっと積極的に仕掛けてもよかったのでは? 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 カタール・ワールドカップのアジア2次予選を8戦全勝(最終戦のキルギス戦は5-1で勝利)で首位通過。ホームでの初戦でシンガポールに引き分けた前回大会の同予選と比べれば危機らしい危機もなく、順風満帆の道のりを歩んできたと言っても間違いではない。

 キルギス戦ではオナイウ、川辺、小川らが活躍したが、とはいえ手放しで喜べる試合だったかと言えばそうではない。むしろ気になったのはいまひとつスピード感に欠けた攻撃。2人目、3人目の動きが少なく、眠気を誘うようなアタックにも見えた。

 なかでも気になったのが原口のパフォーマンス。ドイツのハノーファーでは昨季あたりからトップ下やインサイドハーフを主に任されていたからこそ、トップ下で起用されたキルギス戦で大きなインパクトを残してくれるだろうと期待した。味方との連係が発展途上という側面もあるだろうが、結果的にそこまで存在感を示せないまま後半途中に交代。ゴールもアシストもなく、ピッチをあとにした。
 
 2018年のロシア・ワールドカップ、日本のベスト16入りに大きく貢献した選手のひとりが原口だった。4-2-3-1システムの右サイドハーフとして、身を粉にして攻守の両局面でアグレッシブさを貫き、ベルギーとの決勝トーナメント1回戦では思い切りのいいシュートで豪快に先制弾を突き刺した。

 ロシア・ワールドカップを現地取材し、ベルギー戦後、当時27歳の原口がここから日本代表を引っ張っていくと勝手ながら確信していた。ところが、キルギス戦の原口はどこかおとなしく、アグレッシブさも豪快さもない印象だった。もちろん、ワールドカップ本大会とアジア2次予選ではテンションも違うだろう。それでも、この日の原口に対して著者が抱いた感想は「どうした原口元気。ギラギラ感が伝わってこない…」というものだった。

 前回のワールドカップ・アジア最終予選では4試合連続ゴールと本大会出場の立役者となった原口の経験はきっと、今回の最終予選でもチームの力になる。チームの競争意識を高め、南野や鎌田らレギュラー陣の危機感を煽る意味でも奮起を期待したいが、キルギス戦の出来では先行きが不安だ。味方にパスを捌くだけでなく、もっと独力で切り込んでもいいのではないか。そんなことはおそらく本人も分かっているだろうが、頑張ってほしいからこその指摘だ。

 積極果敢に仕掛けてゴールに絡み、チームを鼓舞する。良くも悪くもピッチに“危険な香り”を漂わせるのが原口元気というアタッカーだったはずだ。最終予選まではまだ時間がある。願わくば、かつてのギラギラしたプレースタイルを見せてほしい。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

【PHOTO】A代表初ゴールから前半だけで圧巻ハットトリックを達成!オナイウ阿道を特集!
【関連記事】
【日本代表5-1キルギス|採点&寸評】オナイウは見事なハットトリック! 川辺、坂元らもアピール
「ダブルタッチ上手すぎ」「世界にバレてしまう」川辺駿が華麗なドリブル突破から完璧クロス! アシストをファン絶賛
「いっそのこと日本代表はフロンターレを軸にしてみたら」。原副理事長が語る“強すぎる川崎の存在意義”
「最高かよ」吉田麻也が投稿したU-24代表の3ショットにファン大興奮!「名古屋の最高傑作たち」
「6分間でハットはやばい」「PKはあかん…」キルギス戦で代表初先発のFWオナイウが大爆発! 見守るファンも興奮

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ