【日本10-0ミャンマー|採点&寸評】大迫が圧巻の5ゴール!! 先発抜擢の板倉も猛アピール

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年05月28日

板倉はゴールも奪う

【警告】日本=遠藤(68分) ミャンマー=スアン・ラム・マン(89分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大迫勇也(日本)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 10-0 ミャンマー/5月28日/フクダ電子アリーナ

【日本代表・総評】

 東京五輪世代の板倉を先発に抜擢したとはいえ、それ以外は主力を投入。14-0と大勝した3月のモンゴル戦のように、前半のうちにゲームを決めてしまい、トータル10-0で勝利。ワールドカップ・アジア2次予選突破を決めた。結果、内容ともにケチのつけようがないが、国内情勢悪化の影響を受け、ベストメンバーを組めなかったミャンマーの状態も加味しなくてはいけないだろう。選手たちの奮闘は高く評価されて然るべき。ただ、“特別な環境下のミャンマーが相手”という枕詞は付いてしまうか。

【個人採点・寸評】
GK
1 川島永嗣 6
権田不在のなかで先発を果たす。後半に一度、出しどころなく困っている場面はあったが、それ以外はピンチらしいピンチはなし。声を張り上げながらベテランらしい指示でチームを落ち着かせた。

DF
5 長友佑都 6.5
3月シリーズは不在だったフィールドプレーヤー最年長は左SBとして溌溂としたプレーを披露。22分にはクロスで大迫のゴールをアシストし、36分には右サイドからのボールを頭で折り返して再び大迫の得点を演出した。後半はやや抑え気味だったか。
 
22 吉田麻也 6.5(HT OUT)
先制点は彼の縦パスが起点。その後もクサビのパスを狙い、攻撃を加速させようとした。守備面でも組んだ板倉に声をかけながらミャンマーの攻撃を撥ね返した。お役御免で前半のみでベンチに下がった。

19 酒井宏樹 6.5(HT OUT)
右サイドからの攻撃を後方支援し、29分には遠藤との連係でエリア内に侵入してPKをゲット。その後も伊東らへボールを供給しつつ、自らも果敢に攻撃参加。攻守にダイナミックだった。吉田らとともに東京五輪のオーバーエイジ候補で、こちらも前半のみで交代。

20 板倉 滉 7
オランダで逞しさ増した24歳はスタメン抜擢にも物怖じせずプレー。22分には持ち上がって鎌田に縦パスを通してゴールを導く。そして終了間際には嬉しいゴール!! 雄叫びを上げる。今後に期待を抱けるパフォーマンスだった。ミャンマー戦後に合流するU-24代表でも注目だ。

【PHOTO】日本 10-0 ミャンマー|ミャンマーを相手に大迫の5得点などで大勝!最終予選進出を決める重要な勝利に
 
【関連記事】
【セルジオ越後】2次予選は日本にとって不運な組み合わせ。二ケタ得点の試合を何回も見せられても…
「技ありシュートが決まった」南野拓実、W杯予選6試合連続弾に称賛の声! 本田圭佑以来2人目の快挙
「半端ないって!」「祭りだーー」日本代表のエース、大迫勇也がW杯予選2戦連続ハット達成! ファンも熱狂
W杯2次予選の北朝鮮戦はすべて“無効扱い”に! 窮地だった韓国が逆転でグループ首位に浮上
「最後にタケの努力が報われた」久保建英の今季をスペイン人記者が採点!「予想外の事態だったのが…」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ