勝点3は計算できない? 侮ってはいけない南アフリカのポテンシャル【東京五輪・対戦国紹介】

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2021年05月28日

シドニー五輪の初戦でも苦戦を…

五輪世代の主力を担うマレペ(左)とOAで招集される可能性があるタウ(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 東京五輪で日本が最初に戦うのが南アフリカだ。メキシコ、フランスとの対戦を前に、いきなり勝点3を獲得しなければいけない相手だが、決して侮れないチームであることは認識しておきたい。

 思い返せばシドニー五輪の初戦でも苦戦を強いられた。2-1で勝利したものの、あの時も前半にシヤボンガ・ノンベテのゴールで先制され、高原直泰の2ゴールで何とか逆転する苦しい流れだった。

 デイビッド・ノトアネ監督が率いる今回のチームは4-3-3(オプションとして4-2-3-1も使用)をベースに攻撃的なサッカーを展開する。

 もっとも、五輪予選にあたるアフリカU-23ネーションズカップが行われたのは2年前で、ガーナとのPK戦を制して五輪出場を決めた当時から、選手の序列も変わっているはず。いわゆる欧州組も増えており、指揮官は6月に予定されるドバイ合宿でメンバーを絞り込む予定だという。

【日本代表PHOTO】U-24ガーナ、ジャマイカ戦に臨む招集メンバー27人
 確実なのは18人のメンバーに最大3人のオーバーエイジが含まれること。特に有力視されるのがプレミアリーグのブライトンに所属するパシー・タウだ。左利きのストライカーは鋭い突破力を武器にしており、前線だけでなく2列目に入ってチャンスメーカーにもなれる。さらに国内の名門クラブであるマメロディの司令塔センバ・ズワネも候補にあがっており、経験豊富な31歳が入れば精神的な支柱にもなりそうだ。

 U-24世代の主軸を担うのは予選でキャプテンマークを巻いていたテルシウス・マレペ。昨年からウクライナのFKミナイでプレーする屈強なCBだ。さらにプレミアリーグのレスター・シティに所属するMFタガロ・レサベラ、南野拓実のチームメイトであるサウサンプトンのクガオゲロ・チャウケ、ポルトガル1部のベネレンセスで主力を担う187センチのMFスフェフェロ・シトレなどポテンシャルの高い選手がいる。

 気になる前線は予選でCFを担ったポルトガルのギマラエスBでプレーするライル・フォスターがエース候補だが、その他にも今シーズンのポルトガルで5得点を記録したルーサー・シン、イングランド生まれで18歳ながら抜群の身体能力を誇るカーディフU-18のシヤボンガ・リゲンザといったタレントがおり、オーバーエイジのタウが選ばれた場合の構成が気になる。
【関連記事】
元日本代表FW城彰二が五輪のオーバーエイジ枠に持論!「絶対反対」「ふざけんなって話」
【U-24日本代表最新序列】オーバーエイジ3人の招集でスタメンはどう変わる? 激戦区の2列目は…
東京五輪の登録メンバー18人を識者が大予想!「2列目の3人は当確。残り1枠を三笘と相馬が争い…」
致命的なデメリットはない!? “東京五輪中止”なら日本サッカー界にはどんな影響が?「真っ先に肩を落とすのは…」
「タケの攻撃性能を引き出せる」久保建英にお勧めの移籍先は? スペイン人記者が最も推したのは、“恩師”のいる…【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ