東京五輪の登録メンバー18人を識者が大予想!「2列目の3人は当確。残り1枠を三笘と相馬が争い…」

カテゴリ:日本代表

林 遼平

2021年05月15日

アルゼンチン戦で圧倒的な存在感を放った田中碧は当確

林氏が予想した東京五輪の登録メンバー18人。赤字がオーバーエイジ。

画像を見る

 東京オリンピックの開幕まであと2か月あまりとなった。森保一監督は6月の2試合を最終選考の場と据えているが、一足早いこのタイミングで、五輪代表に精通する識者に登録メンバー18人を予想してもらった。フリーライターの林遼平氏の見立ては?

――◆――◆――

 18人の枠はハッキリ言って少ない。厳しい暑さの中での連戦を踏まえれば普段の23人でさえ少なく感じるレベルであるのに、それ以上に人数を減らして挑まなければいけないのだから、いかにオリンピックが大変な大会かがわかるだろう。

 そして、その18人の枠に入ることも簡単ではない。一つのポジションしかできないのであればスペシャリティが求められ、複数のポジションができたとしても器用貧乏になるようなら枠から外される。加えて、オーバーエイジ枠で3人の選手たちが入ってくることを考えると、東京五輪世代の選手たちには最後まで熾烈な争いが待っている。

 現段階で最終登録メンバーを当てるのは不可能だ。だが、当たらずとも遠からずな予想をすることはできる。ここまで起用してきた選手たちや現在の活躍等を含め、今回は誰が18人に入るか予想してみることにしよう。

【日本代表PHOTO】U-24アルゼンチン戦に臨んだ招集メンバー23人改めてチェック!
 まず、オーバーエイジ枠は既報通りと考え、吉田麻也(サンプドリア)、酒井宏樹(マルセイユ)、遠藤航(シュツットガルト)の3人とする。A代表でも常連な彼らは森保監督からの信頼も厚く、厳しい戦いが続く中で守備を安定させるキーマンとして加えることは十分にありえるだろう。

 吉田、酒井、そしてA代表の常連で五輪世代の冨安健洋(ボローニャ)が最終ラインに入る中、気になるのは左サイドバックだ。現在、絶対的な存在がいないことを考えると、中山雄太(ズウォーレ)がスライドして起用される可能性が高いのではないだろうか。これに両サイドバックができる菅原由勢(AZ)、右サイドバックとCBでプレーが可能な橋岡大樹(シント=トロイデン)、ボランチとCBを高いレベルでこなす板倉滉(フローニンヘン)が最終ラインのメンバーとなる。

 ボランチは遠藤に加えて、先月のアルゼンチン戦で圧倒的な存在感を放った田中碧(川崎)が当確。中山、板倉もボランチができるだけに二人のみとする。GKは大迫敬介(広島)と谷晃生(湘南)が最終的にメンバー入りするはずだ。

 問題はここから前のポジションだ。
【関連記事】
OA枠は? 三笘の選出は? 五輪代表18人はこうなる! 現状のベストメンバーを考えると…
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
日本の“五輪オーバーエイジ枠”に韓国メディアが興味津々!「A代表の守備陣を移植するのか!」
日本と同組の仏五輪代表監督、選手の一次リストを提出! エムバペとともに、35歳の熟練FWがOA枠候補に【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ